包皮輪狭窄の治し方とは? 病院に行かなくても治療可能?

包皮輪狭窄はすべての包茎の方ではないものの、多くの方が陥っている症状です。

治せるのであれば、治したいと思っている方も多いでしょう。

そこで今回は包皮輪狭窄について、治療法を含め掘り下げてみていきたいと思います。

包皮輪狭窄とは

このページを見て下さっている方は、少なからず包皮輪狭窄について知っているかと思います。

しかし、誤った知識も混じっているかもしれません。

そこでまずは包皮輪狭窄とはどういった症状なのかを確認しておきましょう。

包皮に問題がある状態

包皮輪狭窄とはその名の通り、包皮の輪の部分(=ペニスを一本の房に見立てた切断面)が狭窄している、つまり狭い状態だという意味です。

ではなにに対して狭いかというと、亀頭に対してです。

つまりペニスを剥いた状態にしようとすると、亀頭のところで引っかかり、剥くのに苦労する、あるいは、そもそも剥けない、という状態が包皮輪狭窄です。

包茎の原因

ペニスを剥いた状態にしようとすると、亀頭のところで引っかかり、剥くのに苦労する、ということは、つまり、普段、亀頭が包皮を被った状態になっている、ということです。

冒頭でも書きましたが、包茎の方すべてが包皮輪狭窄ではありません。

しかしその逆に、包皮輪狭窄状態に陥っている方のほとんどが包茎のはずです。

重度になるとカントン包茎

よく聞く、カントン包茎とは包皮輪狭窄が悪化した状態です。

カントンは漢字では「嵌頓」と書き、“はまってしまって、元に戻らない”という意味です。

つまり、包皮輪狭窄の方が無理して剥いた結果、包皮が狭いため、輪ゴムのようにペニスを締め付けて、元の位置に包皮が戻らない症状がカントン包茎です。

たしかにこの状態の亀頭は包皮に包まれていませんが、健康な包茎ではない状態(いわゆる露茎)ではありません。

血の流れなどが悪くなるなど、様々な問題が発生するため、カントン包茎の方は速やかにクリニックにて治療が必要です。

包皮輪狭窄を治した方が良い理由

包皮輪狭窄がどういった症状がわかったところで、この症状をなぜ治した方が良いのかも確認しておきましょう。

見た目の良さ

男性の多くが包皮輪狭窄を治したいと思う理由はずばり見た目でしょう。

包皮輪狭窄は包茎の原因の一つですので、包茎を改善するために、包皮輪狭窄改善手術を受ける方が多いです。

痛みや違和感・カントン包茎化

すでにご紹介した通り、包皮輪狭窄の方が剥くとペニスが締め付けられ血流を阻害するなどの悪状態になるため、性交渉中などに痛みや違和感があることも多いです。

さらに剥いた状態から戻らずに、すぐに治療が必要なカントン包茎へと悪化してしまう可能性もあります。

そういったトラブルを防ぐための事前予防策として治療を考える方も少なくありません。

衛生面の改善

包皮輪狭窄に限らず、包茎の方一般に言えることですが、包茎は露茎の方に比べて衛生面で不利です。

包茎とは亀頭が包皮を被っている状態ですから、その亀頭が包皮との隙間に垢がたまってしまいます。

この垢を恥垢というわけですが、この恥垢には細菌類やカビなども生息することがあります。

そしてそれらの細菌類やカビによって、炎症やカンジダ症などペニスに関する病気になるリスクもあります。

包皮輪狭窄の治し方

包皮輪狭窄の特徴や問題点が分かったところで、いよいよ包皮輪狭窄の治し方を見ていきましょう。

手術

基本となるのはクリニックでの手術です。

手術の内容としては、包皮の狭窄部分を拡張し、さらに余分な包皮を取る形になります。

メリットしては、カントン包茎の方も含めて、確実かつ速やかに包皮輪狭窄を改善させることが可能です。

反面、通常、保険が効かず費用が高額になります。

クリニックの料金体系などにもよりますが、数十万円の出費を覚悟した方が良いでしょう。

状況によっては保険適用あり

通常、保険が効かず費用が高額になると書きましたが、実は保険が効く場合もあります。

その線引きとしては、真性包茎またはカントン包茎で、日常生活に支障がある程、重傷だと判断された場合です。

日常生活に支障があるかどうかは個人では判断が難しいので、気になる方は専門のクリニックに行ってみることをおすすめします。

また、この線引きのため、残念ながら仮性包茎の方は保険適用されません

専用器具で自宅治療

病院に行く暇がない、費用がない、という方向けに開発された、キトー君という専用器具を使えば自宅で治療することができるかもしれません。

これは亀頭と包皮の隙間に入れて固定し、剥き慣れさせようというアイテムです。

すぐに効果がでるものではなく、二週間~数年かかるというものですが、クリニックに行くよりはずっと低額で済むので、一定の人気があります。

リスクあり

ただしがあって、キトー君を亀頭と包皮の隙間に入れる際、癒着、つまり亀頭と包皮がくっついていたのを無理やり剥がす形になるかもしれません。

そうなると、傷が出来てそこから炎症になるなど、別の症状が引き起こされるかもしれません。

効果が出るまでに時間がかかることも考えると、必ずしも包皮輪狭窄対策のおすすめの方法とは言えないです。

まとめ

今回は、包皮輪狭窄の特徴や治し方を見ていきました。

包皮輪狭窄そのものは命に係わるようなものではありません。

しかし、悪化してカントン包茎になると大変です。

予防として処置を受ける方も少なくありません。

心配な方は、クリニックに相談に行くことをおすすめします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ