複合曲線作図法ってどんな手術なの?デメリットとかないの?

包茎手術を受けることを決心したものの、仕上がりが気になることは当然と言えます。

そのため、包茎クリニックも様々な手術方法を開発しています。

その中の一つに、複合曲線作図法という方式があります。

では、この複合曲線作図法は今までの方式と何が異なるのでしょうか。

包茎手術と言っても、手術方法もさまざまなものが紹介されています。

そのため、どのような手術を受けるべきなのかといった判断に迷うことがあるでしょう。

ここでは、手術方法の一つである複合曲線作図法を取り上げていきます。

更に、当手術にどの様なメリットやデメリットがあるのかなどを述べていきたいと思います。

 

皮チン君
また新しい手術の名前が出てきたね。どんな手術なんだろうか?
ムケチンさん
複合曲線作図法のメリット・デメリットをよく把握しておいて、手術選択の一助になればうれしいがのう

 

>>複合曲線作図法の受けることができる唯一のクリニックはこちら

 

複合曲線作図法ってどんな手術?

複合曲線作図法とは、新たに開発された自然な仕上がりにする包茎手術の方法です。

自然な仕上がりといえば、亀頭直下埋没法が挙げられます。

この手術は、縫合の位置がカリ首のくびれに隠れるため、手術跡が目立たず自然に剥けた仕上がりになります。

では、複合曲線作図法と亀頭直下埋没法は、どのような違いがあるのでしょうか。

基本的に、複合曲線作図法と亀頭直下埋没法は同じような手術と言えます。

亀頭直下埋没法は、包皮を切除後に縫合する部分を亀頭の真下にすることで傷跡を目立ちにくくする手術です。

現在この亀頭直下埋没法は、包茎手術のスタンダードと言えます。

しかし、亀頭直下埋没は亀頭の真下で単純に包皮を切る手術方法でした。

無論、他の手術と比較すれば傷跡は目立ちにくい特徴はあります。

しかし切除する位置を特定した場合、陰茎の形を考慮せず、単純に包皮を切除していました。

その点、この複合曲線作図法では、1人1人の陰茎の形に合わせて医師が最適な曲線を描きます。

そして手作業で切除することで、より自然できれいな仕上がりになります。

つまり、複合曲線作図法は、亀頭直下埋没法の進化版と言えます。

 

皮チン君
1人1人の状態に合わせて手術の方法を変えてくれるのはいいね!
包茎博士
切らない手術で有名な亀頭直下埋没法よりもより患者目線になった手術ということじゃな

 

どんな手術に適応可能?

では、複合曲線作図法は、どのような手術に適応が可能なのでしょうか。

手術によっては、陰茎小帯呼ばれる性感帯を切除してしまう危険性がありました。

俗には「裏筋」と呼ばれています。

この裏筋は、陰茎の亀頭の裏側と包皮の間をつないでいる筋状の組織です。

男性の最も敏感な性感帯と言われている箇所で、かつては早漏の治療として切除することもありました。

しかし複合曲線作図法は、性感帯の切除がないため、手術後に性行為の感度が落ちることはありません。

そのため、性感帯の温存を望む人には最適の手術と言えます。

 

複合曲線作図法のメリットとデメリット

複合曲線作図法で手術を受ける場合、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

なるべく手術跡の残らない、自然に剥けた仕上がりになる陰茎にしたいと望むことは当然と言えます。

ここでは、費用の面や、手術方法などにも言及していきたいと思います。

魅力的な手術方式ですが、残念なことに少なからずデメリットも存在します。

そのデメリットをどの程度許容できるかで手術するかしないかの判断が出来るのではないでしょうか。

メリット

複合曲線作図法は、患者一人一人の陰茎の形を見極め、オリジナルの作図をします。

このため、包皮の切り過ぎがないため、勃起時の突っ張り感などもありません。

包茎手術後に性行為やマスターベーションの快楽が減少してしまうことがあります。

その大部分が包皮小帯の切除による感度の低下です。

無論、包茎の時と比較して亀頭が刺激に慣れるという理由は否めません。

しかし、感度の低下は性感帯の切除が大きく関係しています。

その点、複合曲線作図法のメリットは、性感帯を残すため、そのような心配はありません。

更に、患者一人一人のオリジナルの作図に基づく手術を行うことが魅力として挙げられます。

そのため前述の通り、亀頭直下で画一的に切除する亀頭直下埋没法よりさらに自然な仕上がりになります。

この亀頭直下埋没法には無い「患者一人一人のオリジナルの作図」が大きな魅力と言えます。

デメリット

このような魅力的な点が多い反面、残念なことにデメリットも存在します。

まず、手術の費用が高いことが挙げられます。

従来の定型的な手術と違い、患者一人一人に合わせた「オーダーメイド」の手術となります。

そのため、通常の手術よりやや高めの料金が設定されています。

更に、手術時間が長めになることが挙げられます。

包皮を切除する前に、かなり精密な切除ラインを描き、そのラインに基づき包皮の切除を行います。

そのため、通常では30分で終了する手術が、1時間以上かかることもあります。

更に、複合曲線作図法は熟練した医師の腕が必要になる難しい手術であることが挙げられます。

包皮の形状や包茎の度合いは、人によって様々です。

そして最も大きな点は、この複合曲線作図法は「上野クリニック独自」の手術方式です。

そのため、他の包茎クリニックでは受けることが出来ません。

現在、上野クリニックは首都圏を含め、14箇所で展開しています。

北は北海道から南は九州まで網羅していますが、必ずしも自宅や通勤県内にあるとは限りません。

この点もデメリットと言えます。

 

ムケチンさん
上野クリニックが近くにあればいいんだけど、そうじゃない場合は遠くへいく必要があるということだな

 

>>上野クリニックの申し込みはこちら<<

 

上野クリニックの詳細

タートルネックの男性の広告で知られていますおり、恐らく、日本で最も知られている包茎手術クリニックではないでしょうか

メリット

「ひとつウエノ男」というキャッチフレーズで知られています。

特筆すべきは3段階麻酔法です。

手術時の痛みは、かなり気になるものです。

そのため、患者の体を考えた最先端の麻酔法は、大きな利点でしょう。

国内最大の手術実績があるため、信頼性も抜群です。

費用

費用は以下の通りです。

  • 包茎手術(ナイロン糸使用):72,000円(税抜)
  • 包茎手術(吸収糸使用):100,000円(税抜)
  • ヒアルロン酸注入(早漏改善):120,000(1本)~600,000円(5本)
  • ヒアルロン酸注入(亀頭増大):180,000(1本)~900,000円(5本)

クレジットカード払いに対応しています。

 

デメリット克服の代替法

まず、複合曲線作図法は手術出来るクリニックが限られているため、遠方の人は不便でしょう。

会社や学校などがありますし、何より手術のために遠方に行くことは危険が伴います。

そのため、会社の場合は有給や、長期で休みの時などに手術を受けることが望ましいでしょう。

手術費が他の手術と比較して高額な点についてですが、包茎クリニックではローンの相談も受け付けています。

費用の面で不安なことがあれば、事前に相談が出来るので安心です。

まとめ

複合曲線作図法は、料金が高く時間も通常より長い手術です。

しかも上野クリニックでのみ受けられる手術のため、近隣に上野クリニックがない場合は、遠方になってしまいます。

しかしそのようなデメリットがあるものの、手術方法は魅力的と言えます。

そのため、検討する価値はあるでしょう。

包茎手術は、「男のシンボル」にメスを入れる人生でも大変な事柄です。

安さだけにとらわれ、粗悪な手術を受けないように注意していただきたいと思います。

上野クリニックは、男性カウンセラーによる24時間365日の電話相談を受け付けています。

一度、手術方法や術後のケアなどをカウンセラーに相談してみてはいかがでしょうか。

3 Responses to “複合曲線作図法ってどんな手術なの?デメリットとかないの?”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ