背面切開術とはどんな手術?痛みや後遺症の有無を解説

男性の下半身の悩みの中で特に多いものとして包茎があげられます。

現在さまざまなクリニックが、さまざまな手術方法で包茎手術を行っています。

その中に「背面切開術」というものがあります。

その名の通り、背面を切る手術ですが、医療目的で使用されることが多い手術です。

端的に説明しますと、真性包茎やカントン包茎を仮性包茎にする手術方法です。

そのため包茎クリニックではあまり採用されていないことが多く、聞きなれない人も多いようです。

包茎手術といえば通常は「亀頭直下埋没法」が有名です。

しかし「亀頭直下埋没法」は、仮性包茎を治療するための手術方法です。

今回は「背面切開術」がどのような特長があるのかなどを述べたいと思います。

 

皮チン君
背面切開術か。あまりに聞いたことがないなあ・・・
包茎博士
今日はこの背面切開術がどんなものが解説するぞい

 

>>背面切開法のことを詳しく知る

 

包茎手術の種類

包茎手術は、包皮の被り具合や形状などにより、手術方法がそれぞれ異なります。

最も多く行われている方法が、「亀頭直下埋没法」と言われているものです。

これは余分になっている部分の皮を切り落として、縫合をカリの部分で行う手術方法です。

しかし、この手術方法は主に仮性包茎を治療することが目的に行われる手術です。

その他としては環状切除術や背面切開術などがあげられます。

ここではこの2つの手術方法がどのようなものなのか、どのような特徴があるのかなどを述べたいと思います。

環状切除術

包茎手術の方法として環状切除術があります。

比較的単純な術式で、泌尿器科で最も頻繁に行われている手術方法です。

その名の通り、裏筋の部分は残しながら包皮を輪っか状に切除します。

性感帯が温存されるため、性的な感度の低下は少ないことが特徴です。

しかし、残念なことにデメリットも存在します。

色調が合わず、陰茎の途中から先端に向かうにつれ、急激に色が変化してしまうことがあります。

いわゆる「ツートンカラ-」と呼ばれる状態になります。

世界で行われている「割礼」が、この環状切除術によって行われています。

亀頭直下埋没法のように自然と剥けたようなきれいな仕上がりにはならず、明確に切ったことが分かります。

この手術方法は、厚生労働省が発表している告示では2,040点となっています。

「環状切除術 図解」の画像検索結果

【掲載元】びえなクリニック

応急的背面切開術

この応急的背面切開術は、カントン包茎が元に戻らなくなった時に行う緊急手段です。

包皮先端を鉗子で把持し、先端の包皮を引っ張り亀頭はできるだけ後方へ押し戻します。

2本のコッヘル鉗子で余剰包皮を挟み込み、この間を切断、除去する方式です。

つまり、包皮を輪っか状に切除する方式です。

裏筋の部分は切除せず残す方式のため、性的な感度の低下は少ないというメリットがあります。

適切な処置を行わないと、最悪の場合、細胞が壊死してしまう危険性があります。

亀頭は柔らかく、骨がないため、自分自身でも簡単に押しつぶすことが出来ます。

そのため、患者自身でも独力で一時的にカントン包茎を治すことが出来ます。

しかし独力で治せない場合は、速やかに専門医による処置が必要となります。

包茎手術料金ナビ

 

背面切開術

後に述べますが、背面切開の目的は、「包皮がむけるようにすること」が主な目的となります。

陰茎に被っている皮の一部を切る事で症状が改善するときに使用される手術方法です。

包茎手術と言うと、包皮を切除して亀頭を露出するイメージを抱く人が多いと思われます。

しかし、背面切開術はその名の通り、「背面を切り開く」手術になります。

厚生労働省が発表している告示では740点となっています。

環状切開術の3分の1程度の費用感と覚えておけば間違いありません。

そのため、亀頭直下埋没法と違い、機能面の回復を主にしているため、見た目は二の次になります。

 

皮チン君
背面切開術も感情切除術と一緒で見た目は二の次なんだね
ムケチンさん
包茎を治すだけのための手術だからな。病院で行うような手術なので、あんまり気にしない方がいいと思うぞ

 

背面切開術はどんな手術

背面切開術は、陰茎背面の皮膚を縦切開した後に、横方向に縫合します。

そして皮の縦方向の距離が短くなることで、被っている皮を短くして結果的に亀頭を露出させることが出来ます。

これは陰茎に被っている皮の一部を切ることで症状が改善する時に使用される手術方法です。

真性包茎やカントン包茎の中でも特殊な包皮の被り方をしていることがあります。

そのため、一部の皮を切り落とせば包茎が改善する場合があります。

陰茎背面の皮膚を縦切開した後、横方向に縫合することで皮の縦方向の距離が短くなり、被っている皮を短くすることが出来ます。

その結果、亀頭を露出させることが出来るのです。

手術方法から別名「バックカット」とも呼ばれていて包茎を治すこと自体は可能ですが、腕の良い医師の熟練した腕が必要な手術です。

実際、手術後に患部が腫れたり、包皮のバランスが崩れて見栄えが悪くなってしまう危険性もあります。

背面切開術 手術内容

背面切開術は仮性包茎にする手術。真性・カントン包茎の人の手術方法

 

手術後は仮性包茎に

背面切開では包茎の根本的な解決にはなりません。

そこで、緊急を要しないケースや、先進治療を旨とする美容外科などでは、仮性包茎や真性包茎の場合と同じ亀頭直下埋没法を行うことが多いようです。

この術式ではいったん仮性包茎状態にすることもなく、また縫合が亀頭のカリ首の陰にできるために手術跡が目立ちにくいというメリットがあります。

しかしまずは「包皮が剥けるようになること」を最終目的にする場合もあります。

包皮を無理に切除する必要はなく、衛生上の問題から通常時に剥いて洗うことが出来れば問題なしと判断する人もいます。

そのような人には最適な手術といえます。

実のところ、一般的な男性の約4割から「包茎は気にする必要はない」との意見が出ています。

無論、包茎治療は無理に行わなくても良いという意見が圧倒的であるものの、「気になるのであれば治した方が良い」との意見もあります。

以前は「包茎は恥ずかしい」「女性に嫌われる」といったイメージが先行していましたが、清潔にしていれば問題ないと回答する男性も増えています。

ただアンケートの対象は仮性包茎の場合が多いため、真性包茎の場合は手術した方が良いとの回答が圧倒的です。

女性も3人に2人が清潔であれば仮性包茎でも問題ないと回答しています。

そのため、背面切開で「剥いて洗える状態」であれば女性側でも問題ないといえます。

メリットは体の負担が小さいこと

背面切開術の最大の特徴ともいえるものが、裏筋も傷つけない上に包皮の切除も行わないことです。

このため、包皮を物理的に切除する手術方法と違い、手術時間が平均15分程度と短く、出血も少ないことが特長です。

全身麻酔で手術の痛みはないことも大きな特徴です。

傷の治りも比較的早く、後遺症のリスクも少ない手術です。

性感帯の一部である包皮内版を一緒に切除してしまう「切る手術」と違い包皮の切除を行わないため、手術以後に性感が鈍ることもありません。

子供の包茎手術に適用されることが多いことからも、まずは「仮性包茎にして剥けるようになる」ことが目的の手術です。

仮性包茎にするということは、「平常時および勃起時に包皮が反転出来る状態」にすることを指します。

つまり、背面切開術は、真性・カントン包茎を仮性包茎の状態にする手術であると言えます。

通常の仮性包茎であれば、機能的には何も問題はありません。

包皮を残すため、仮性包茎などの切る手術と比較しても出血が少なくてすみます。

 

背面切開術に痛みはあるの?

背面切開術を受ける時、成人男性の場合、360度で8針が目安と言われています。

無論、手術には麻酔を施すため、手術自体の痛みはありません。

通常は術後の痛みも通常は2~3日でおさまります。

通常、包茎手術の際、鎮痛剤を手渡されるため、服用することにより痛みが軽減します。

原則的には成人男性には局部麻酔、乳幼児には全身麻酔が施されます。

縦に少し切開を加える程度のため、麻酔が切れた後の痛みも亀頭直下埋没法などと比較的しても軽度です。

麻酔があるため、手術自体には痛みは感じないと思われますが、手術後に麻酔が切れた後には痛みが出ることは当然予想されます。

しかし、亀頭直下埋没法などの他の手術方法と比較手も切除する部分が少ないため、傷の治りも早く、痛みも少ないと言われています。

 

背面切開術後の後遺症について

背面切開術は、メスを入れる箇所が裏筋側とは逆側になるため、傷跡が目立つというデメリットがあります。

亀頭直下埋没法の場合、傷口や切除した跡が隠れるため、自然に剥けた仕上がりになります。

更に亀頭直下埋没法の場合は、ツートンになったとしても傷は裏筋側のため、対面からは切除した跡が分かりづらい利点があります。

しかし背面切開の術の場合、メスを入れる箇所が裏筋側とは逆側、つまり対面側になるため傷跡が目立つ危険性があります。

その他、亀頭と包皮が癒着していた場合、傷が治ると同時に再び癒着を起こしてしまい、手術の意味がなくなってしまうこともあります。

またメスを入れた箇所から包皮が左右に垂れ下がる後遺症も報告されています。

ただこちらは機能的な問題ではなく、見た目の問題となります。

見た目としてのデメリットは否定出来ないものの、機能的な後遺症は、腕のある執刀医が担当すれば問題はないでしょう。

背面切除術のメリット

  • 値段が安い
  • 保険適用を受ける可能性

背面切除術のデメリット

  • 見た目(仕上がり)はあまりよくない
  • 執刀医次第で出来栄えに差がでることがあり

 

包茎博士
手術を選ぶなら、少々高くても亀頭直下埋没法など、「切らない手術」がおススメじゃな」

 

包茎手術可能なメンズクリニック

全国展開しているメンズクリニックを紹介します。

ABCクリニック

まず紹介する全国展開しているクリニックは「ABCクリニック」

様々な術式に対応しており、切らない手術も可能です。

大都市近郊から地方都市周りまでかなり広い範囲を抑えています。まず

メリット

3つのA(Anka、Anshin、Anzen)をモットーに、カウンセリングからアフターフォローまで行っています。

包茎手術の際に執刀は院長が責任を持って行いますし、美容外科で多くの実績を残しているため、信頼出来ます。

オペ室の設備にも力を入れており、大病院のような充実した設備が自慢のクリニックです。

費用

現在、「3,30,3プロジェクト」というものを実施しています。

3日前までの予約をすると、30%安くなるというサービスで、あまり費用をかけたくない人などに好評のサービスです。

亀頭直下埋没法は通常の手術よりも割高ですが、それでも14万円程度になります。

既に7,500人を超える利用者がいます。

来院3日前までに予約を行うと、安価になる手術もあるので、ぜひ

オプション料金が別途かかることは、基本ありませんし、無理に勧められることもないので安心です。

可能な手術の内容

ABCクリニックでは、下記の種類が用意されています。

  • 包茎治療(亀頭直下埋没法、環状切除術)
  • 長径手術術
  • 早漏予防治療

 

>>ABCクリニックの予約方法はこちら<<

 

上野クリニック

タートルネックの男性の広告で知られていますおり、恐らく、日本で最も知られている包茎手術クリニックではないでしょうか

■メリット

「ひとつウエノ男」というキャッチフレーズで知られています。

特筆すべきは3段階麻酔法です。

手術時の痛みは、かなり気になるものです。

そのため、患者の体を考えた最先端の麻酔法は、大きな利点でしょう。

国内最大の手術実績があるため、信頼性も抜群です。

■費用

費用は以下の通りです。

  • 環状切除術:100,000円
  • 亀頭直下埋没法:182,000円

クレジットカード払いに対応しています。

可能な手術の内容

ABCクリニックでは、下記の種類が用意されています。

  • 包茎治療(亀頭直下埋没法、環状切除術)
  • 亀頭増大
  • 早漏予防治療

 

>>上野クリニックの予約方法はこちら<<

 

本田ヒルズタワークリニック

本田ヒルズタワークリニックは、マスコミでも取り上げられた有名なクリニックです。日本で最も有名な包茎医師と言っても過言ではないでしょう。

元横綱の朝青龍の主治医を務めていたことも大きな話題となりました。

メリット

まず、実績豊富なのがあることが強みです。特に「切らない手術」に定評があります。

クリニックのコンセプトにしている増大手術や、無論、切る手術も選択可能です。

費用

切る手術は費用は、以下の通りです。

  • 亀頭直下埋没法:300,000円
  • 環状切除術は:100,000円

可能な手術の内容

前述の通り、「切らない手術」に定評があります。

  • 包茎治療(仮性・真性・埋没・カントン・炎症性・老人性包茎)
  • 長径・増大術
  • 修正治療
  • 早漏治療
  • ED治療
  • コンジローム除去

 

>>本田ヒルズタワークリニックの予約方法はこちら<<

 

 

包茎手術の流れとコスト

包茎手術を受ける決心はついたものの、どのような手術方法になるのか気になるところでしょう。

前述の通り、背面切開術は「包皮口が狭く」、「亀頭と包皮が粘着し」剥くことが出来ない人のための手術です。

そのため、仮性包茎の手術と大きく異なる点があります。

それがまず、包皮と亀頭の粘着している場合はそれを剥がす必要性があることです。

仮性包茎であれば、手術前に余った包皮を剥いて包皮の余り具合などを確認することが可能です。

しかし、真性包茎の場合そもそも剥けないため、包皮と亀頭の癒着をはがすところから始まります。

この点が、仮性包茎の手術と大きく異なる点となります。

では包茎手術の流れをご説明致します。

まずはクリニックの予約を取り、問診を受けます。

今までに大きな病気やけがなどをしたことがないかなどを口頭で聞かれます。

その後、実際に下着を脱いでベッドに横たわります。

真性包茎なのか仮性包茎なのか包皮の余り具合や陰茎の形状などを医師の診察を受けます。

希望の場合は、手術日の予約を取ります。

場合によってはその場で手術も可能です。

術後には痛み止めや抗生物質と所毒薬を手渡されます。

容量、用法を守り、きちんと服用して下さい。

当日は患部に水分がかからないようにすればシャワーが可能です。

しかしシャワーを浴びても良いのかは医師に確認して下さい。

では次にコストについて述べたいと思います。

真性包茎の場合、日常生活に支障をきたすため、保険適用になる場合が多いです。

背面切開の場合、例として診療報酬は740点、保険3割で2,200のところがあります。

保険適用とならない仮性包茎の手術と比較(10万~15万)しても、大幅に安いことが特徴です。

真性包茎は包皮を反転させて洗浄が出来ないため不潔になりやすく、病気の温床となります。

一般的に女性は包茎を気にしないという結果もありますが、対象はあくまでも包皮を反転して洗浄出来る「仮性包茎」になります。

男性も気にすることがないという回答も多くありますが、こちらもはやり対象は「仮性包茎」です。

男女共通して真性包茎は「手術して治すべき」という回答が大半です。

保険が適用となるため、ぜひとも治すべきでしょう。

まとめ

背面切開術は、「包皮が剥けるようになること」が最優先のため、見栄えは二の次になってしまいます。

まずは仮性包茎でよいと思うのであれば、手術を検討しても良いでしょう。

包皮の一部に切り込みを入れ、亀頭を露出し、傷口の縫合を上下に行うことにより剥けなかった包皮が剥け、仮性包茎に出来ます。

そのため、「背面切開」は、真性包茎の患者さんが環状切開術を受けるための前準備として行っている方式となります。

真性包茎で悩んでいる人は、ぜひとも一度専門医を訪れ、相談してみて下さい。

人によってペニスの大きさや包皮の余り方が異なります。

恥ずかしがらずに医師に診察してもらって最適な手術方法を提案してもらうことが最も望ましい方法です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ