今話題の切らない包茎手術とは?メリット・デメリットを紹介

包茎手術は、基本的に包皮を物理的に切除する手術です。

そのため、傷が治るまでは安静にする必要があります。

術後は、経過を見て自分自身で消毒や包帯を変える必要があります。

当然、麻酔が切れれば痛みがあります。

しかし、必ずしも「包茎手術=包皮の切除」とは限りません。

包茎手術の中には「切らない手術」というものも存在します。

今回は、切らない手術とはどのようなものなのかを述べていきたいと思います。

同時に、そのメリットやデメリットも併せて記述していきます。

 

皮チン君
切らない手術!すごく魅力的なキーワードですね
ムケチンさん
確かに優れた手術法じゃが、デメリットも存在するから要注意じゃ

 

>>真性包茎・重度の仮性包茎の方はこちら

 

今話題の切らない手術とは?

切らない手術では、主に注射や縫合で包茎を治療します。

どちらかと言えば、手術等より治療に近い概念と言えます。

包皮を切除しないため、出血や痛みもなく包茎を治療することが出来ます。

やはり、包皮を物理的に切除すると痛みや出血があります。

そのため、包茎を切らないで治すといったことが注目されています。

やはり自分の性器にメスを入れるということは、恐ろしいことです。

どうしても痛みなどを気にしてしまうため、尻込みしてしまうことが多いでしょう。

しかし、切らないで包茎を治せるのであれば、需要は増えることと思われます。

切らない手術の種類

切らない手術の中で最も主流になっているものが、「亀頭増大手術」です。

この亀頭増大手術はヒアルロン酸やアクアミド、バイオアルカミドなどの物質を亀頭に注射します。

亀頭を増大させることで包皮が後退し、剥けやすくする狙いがあります。

つまり、エラのはったカリ首がストッパーとなって、包皮が剥けやすくなります。

その他、長茎術という手術方法があります。

体内に埋まっている陰茎を引き出す手術です。

これにより、通常の長さの2cm~4cmほど陰茎が長くなります。

更に、ナチュラルピーリング法という手術方法があります。

根元周辺に医療用糸で皮下に数箇所埋めるようにして包皮の戻りを防ぐ方法です。

他の手段として、「根元部固定法」があります。

包皮を切除するのではなく、接着剤で余分な包皮を固定する方法です。

主に切らない手術は上記の種類と言えます。

切らない手術はどこで受けられるの?

では切らない手術はどの医院で受けることが出来るのでしょうか。

殆どのクリニックでは、現在切らない手術を前面に押し出している所は存在しないようです。

一時期は「切らないで治せる」と宣伝している所がありました。

主に前述の接着剤を宣伝するクリニックがありました。

いつごろか定かではありませんが、「切除する手術」に移行しています。

方法としては、現在は、亀頭直下埋没法を中心とする手術が主になっています。

切る手術以外の場合、前述のヒアルロン酸の注射などになります。

この注射は、殆どのクリニックで採用しています。

 

皮チン君
なるほど、クリニックでいう亀頭直下埋没法は該当しないんですね
包茎博士
あれは目立たないだけで実態は切る手術じゃからな

 

切らない手術のメリットデメリット

出来ることなら、自分自身の体にメスを入れたくないと思うのは当然です。

当然、通常の包皮を切除する包茎手術より、切らない手術を希望する人が多くなることは予想出来ます。

しかし、切らない手術はクリニックではあまり行っていないことが現状です。

包茎手術医院のホームページを見ても、「切らない手術」を前面に出している所は少ないように見受けられます。

ここでは切らない手術のメリットやデメリットなどについて述べていきたいと思います。

メリット

手術時間が30分と短いことが挙げられます。

通常の包茎手術は1時間ほどかかりますが、その半分の時間で済みます。

包皮を物理的に切除しないため、出血もほとんどないことがメリットと言えます。

その他、通常の包茎手術は、包皮を切除するため傷が塞がるまで時間を要するし痛みもあります。

傷が治るまで安静にしている必要もあり、日常生活になかりの負担が強いられます。

そのため、上記のデメリットのない「包皮を切らない」手術は魅力と言えます。

デメリット

切らないので術後の治りが早いとのことで、亀頭増大手術を受けたものの、効果がなかったという人もいます。

亀頭を増大させる注射をしたものの、結局包茎は治らず、まだ包皮が亀頭にかぶってしまっているそうです。

根元周辺に医療用糸で皮下に数箇所埋めるように止めるナチュラルピーリング法は、完全に皮が剥けない場合もあります。

その他、包皮部分がダブついてしまうこともあり、見た目としてもあまり良くありません。

切らない手術として、根元部固定法は、接着剤を使用するため、人によっては患部に炎症が起こる可能性があります。

更に、この「切らない手術」は、「軽度の」仮性包茎の人のみ適用される手術です。

仮性包茎でも包皮の被り方が多い人や、真性包茎やカントン包茎には適用が不可となっています。

実際に患者の満足度があまり高くない上にクレームも多いため、ほとんどのクリニックでは採用していないことが現状です。

 

皮チン君
なるほど、僕みたいな包茎には使うことができないんだね・・・がっかりです

 

重度の仮性包茎や真性包茎の場合

そもそも「切らない手術」は、軽度の仮性包茎の人にしか適用できません。

包皮の長い人は、亀頭を増大させてもかぶってしまう可能性があります。

そもそも亀頭のカリ首が包皮のストッパーになって皮を被らないようにすることが目的です。

しかし、カリ首を高くしても包皮が長いために手術しても包皮が亀頭を覆ったままであることがあります。

更に真性包茎の場合、そもそも包皮が剥けないため、亀頭に直接薬剤を注射することが不可能です。

真性包茎を治療する方法は、物理的に包皮を切除するしか方法が最も確実と言えます。

適応される手術

重度の仮性包茎や真性包茎の場合、適用される手術は前述の通り「切る手術」になります。

その中でも多くのクリニックが採用しているものに「亀頭直下埋没法」があります。

この「亀頭直下埋没法」は、切除したラインが亀頭のくびれに隠れるため、自然な仕上がりとなります。

真性包茎の場合、保険が適用となりますが、残念なことに亀頭直下埋没法でなく、グレードの下がる手術方法となります。

主に「環状切開術」が中心で、余分な包皮を輪切りに切除する方法のため、はっきりと切除した傷跡が残ってしまいます。

もし仕上がりのきれいさを求めるのであれば、保険を適用せず、亀頭直下埋没法で受けるのも良いでしょう。

 

亀頭直下埋没法が可能なメンズクリニック

包茎博士
どの都道府県にもクリニックはあるが、包茎手術のリスクを回避するためには、執刀数が多い全国展開しているクリニックがおススメじゃ。

ABCクリニック

まず紹介する全国展開しているクリニックは「ABCクリニック」

様々な術式に対応しており、もちろん真性包茎の治療もカバーしています。

大都市近郊から地方都市周りまでかなり広い範囲を抑えています。

メリット

3つのA(Anka、Anshin、Anzen)をモットーに、カウンセリングからアフターフォローまで行っています。

包茎手術の際に執刀は院長が責任を持って行いますし、美容外科で多くの実績を残しているため、信頼出来ます。

オペ室の設備にも力を入れており、大病院のような充実した設備が自慢のクリニックです。

費用

現在、「3,30,3プロジェクト」というものを実施しています。

3日前までの予約をすると、30%安くなるというサービスで、あまり費用をかけたくない人などに好評のサービスです。

既に7,500人を超える利用者がいます。

来院3日前までに予約を行うと、安価になる手術もあるので、ぜひ

オプション料金が別途かかることは、基本ありませんし、無理に勧められることもないので安心です。

可能な手術の内容

ABCクリニックでは、下記の種類が用意されています。

  • 包茎治療(仮性・真性・カントン・包皮輪狭窄含む)
  • 長径手術術
  • 早漏予防治療

 

>>ABCクリニックの予約方法はこちら<<

 

上野クリニック

タートルネックの男性の広告で知られていますおり、恐らく、日本で最も知られている包茎手術クリニックではないでしょうか

■メリット

「ひとつウエノ男」というキャッチフレーズで知られています。

特筆すべきは3段階麻酔法です。

手術時の痛みは、かなり気になるものです。

そのため、患者の体を考えた最先端の麻酔法は、大きな利点でしょう。

国内最大の手術実績があるため、信頼性も抜群です。

■費用

費用は以下の通りです。

  • 包茎手術(ナイロン糸使用):72,000円(税抜)
  • 包茎手術(吸収糸使用):100,000円(税抜)
  • ヒアルロン酸注入(早漏改善):120,000(1本)~600,000円(5本)
  • ヒアルロン酸注入(亀頭増大):180,000(1本)~900,000円(5本)

クレジットカード払いに対応しています。

■可能な手術の内容

「複合曲線作図法」という手術法を採用しています。

切除ラインが亀頭の傘の下に隠れるように作図します。

男性自身の裏スジの包皮小帯という非常に重要な部分を残す機能的曲線を組み合わせます。

丁寧な作業で、自然な仕上がりとなることが特徴です。

しかも陰茎の内側と外側で使用する切開道具を使い分け、縫合針にも気を使っているクリニックです。

 

>>上野クリニックの予約方法はこちら<<

 

本田ヒルズタワークリニック

本田ヒルズタワークリニックは、マスコミでも取り上げられた有名なクリニックです。日本で最も有名な包茎医師と言っても過言ではないでしょう。

元横綱の朝青龍の主治医を務めていたことも大きな話題となりました。

メリット

まず、実績豊富なのがあることが強みです。特に「切らない手術」に定評があります。

クリニックのコンセプトにしている増大手術や、無論、切る手術も選択可能です。

費用

費用については、症状によりますので一概には言えますが、参考まで一般的な手術の料金を記載します。

切らない手術費用は、以下の通りです。

  • 増大手術(ヒアルロン酸注入)
  • ランクA(永久に吸収されない)は、200,000円/1cc
  • ランクB(約3年で吸収)は、150,000円/1cc
  • ランクC(約半年で吸収)は、500,000円/1cc

やはり値段は高いですが、永久に吸収されないヒアルロン酸注入のランクAが良いでしょう。

切る手術は費用は、以下の通りです。

  • 亀頭直下埋没法は、300,000円
  • 環状切開法は、100,000円

可能な手術の内容

前述の通り、「切らない手術」に定評があります。

  • 包茎治療(仮性・真性・埋没・カントン・炎症性・老人性包茎)
  • 長径・増大術
  • 修正治療
  • 早漏治療
  • ED治療
  • コンジローム除去

 

>>本田ヒルズタワークリニックの予約方法はこちら<<

 

キトー君

切らない手術は、大半はコラーゲンなど薬剤の注入が中心となっています。

しかし、やはり自分の体内に薬剤を入れることに抵抗がある人もいるでしょう。

そのような時には、自宅で包茎を改善する方法があります。

それが「キトー君」というグッズになります。

 

キトー君で自宅治療

キトー君という器具を使って亀頭と包皮の隙間に入れて皮を伸ばすという手段が考えられます。

すぐに効果がでるものではなく、二週間~2か月かかるというものですが、クリニックに行くよりはずっと低額で済みます。

但し、包皮輪狭窄の場合、入口が狭くなっているので、写真のように器具が入るかどうかわかりません。

ただ、色々試して改善が難しかった場合は、手術代保証制度や返品制度も使えるようです。

 

また、購入の方法や手術代保証制度や返品制度等、キトー君の詳細はこちらのページに記載しておりますので、ご確認ください。

 

>>キトー君のことをもっとよく知りたい人はこちら

 

キトー君の長所

  • 手術に比べて安価
  • 自宅で手軽に実施可能

キトー君の短所

  • 改善(皮が伸びるまで)に2週間以上かかる
  • 改善しても仮性包茎で、ずる剥けになるには、もう一苦労必要
  • 手術代保証はあくまで保険が効く手術なので仕上がりは重視されない

 

まとめ

切らない手術は、現時点ではそのほとんどがヒアルロン酸などの薬剤を亀頭に注射する方法が多いです。

過去には、接着剤のようなもので包皮を剥いて接着する方法が「切らない手術」の大半でした。

しかし現在は、この手術を行うクリニックは見当たりませんでした。

接着剤が取れてまったく効果がなく、クレームが多かったためであると言われています。

切らない手術は、体に対する負担は少なくて済むため、気軽に受けられるメリットはあります。

しかし、やはり切る手術と比較すると、効果は必ずしも保証できかねる状態です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ