【悲】包茎手術でできた傷跡を治すことは可能なのか?

包茎手術は、実際に包皮を切除する手術です。

そのため、仕上がり時の傷跡がどの程度残るのかといったことは大変気になるものです。

手術方法によっては、あからさまに切除した跡が残る場合もあります。

そのため新たな悩みやコンプレックスが生じてしまう人もいます。

特に包皮の切除部分ががエリマキトカゲのトサカのように盛り上がってしまうことが多いです。

その他、また包皮が亀頭にかぶってしまうなどの症状もあります。

ここでは、包茎手術による傷跡をきれいに治すことは可能であるのかといったことを述べたいと思います。

包茎手術で傷跡ができる要因

そもそも包茎手術で傷跡が出来る原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

そもそも物理的に包皮を切除するため、傷跡が出来ることは致し方ない事実です。

しかし、やはりなるべく跡が残らないようにしたいと思うのは当然と言えます。

その他、手術方法によっても傷跡の残り具合が異なります。

特に昔ながらの手術方法である「環状切開術」が、より傷跡が残りやすいと言えます。

方法としては、余っている皮を切り落として、ズル剥けの状態にします。

そして切り端の皮を縫う手術です。

安い分、明確に切除したことが分かってしまうデメリットがあります。

傷跡が残りにくいとされるものに「亀頭直下埋没法」があります。これは、傷跡が亀頭のくびれに隠れるため、傷跡が目立たなくなります。

あくまで「目立たなくなる」だけであり、亀頭直下埋没法でも包皮を切除する以上、傷跡は残ります。

傷跡を治すためにはどうすればいい

傷跡を治すには、再手術しかないでしょう。せっかく意を決して痛い思いをして手術を受けたにも関わらず、大変不幸なことです。

本来は、仕上がりを最も気にしなければならないはずです。

しかし料金ばかりを気にした結果、「安かろう、悪かろう」の手術を受け、後悔している人もいます。

そのようなクリニックでは、「手術には傷跡がつくのは当然」と相手にしてもらえない危険性があります。

そのため、不幸にも傷跡が気になる場合は、異なるクリニックで相談してみることが良いでしょう。

セカンドオピニオンの観点からも客観的な判断が出来るはずです。

修正方法としては、目立つ部分を切除して新たに綺麗に仕上げる方法や、目立つ部分をレーザーでぼかす方法など様々です。

もし傷跡で悩んでいる人がいたら、異なるクリニックで相談してみてはいかがでしょうか。

そもそも傷跡をつけずに包茎を治す方法

そもそも傷跡をつけずに包茎を治す方法はあるのでしょうか。

包茎手術は、物理的に包皮を切除するため、完全に傷跡を付けないようにすることは不可能かと思われます。

亀頭直下埋没法でも、切除した部分が亀頭のくびれに隠れるという方式で、完全に傷跡がなくなるわけではありません。

もし傷跡を付けずに包茎を治すとしたら、「切らない手術」という方法もあります。

これは、、軽度の仮性包茎に対して行われるもので、医療用の接着剤を使用して包皮を剥けた状態にする方法です。

しかし、通常の「切除する包茎手術」と異なり、最近ではあまり実施されていません。

おそらく、あまり効果がないためと思われます。

美容クリニック

多くの名のある美容クリニックでは、他院傷跡修正を行っている所が多いです。

ホームページにも、患者の了承を得た上で症例写真が載っていることがあります。

それらの殆どが包皮が腫れ、エリマキトカゲのとさかのように膨れ上がっている患者が多いです。

もし自分の性器がこのような状態であったらと思うと戦慄するような、目を覆う悲惨なものもあります。

写真を見ていて、怒りの感情しか湧きません。

因みにこの傷跡修正は、殆どの名のある美容クリニックで取り扱いがあります。

もし傷跡に悩んでいるのであれば、前述の通り、異なるクリニックで相談してみることをお勧めします。

医者として、自分の腕の未熟さを認めてしまうことにもなるため傷跡を認めないことが多いと思われます。

おススメの美容クリニック

おススメの美容クリニックとして、どのような所があるのでしょうか。

今回は、代表的な包茎クリニックを例に挙げていきたいと思います。

通常の包茎手術は無論、他院の傷跡修正を行っている所もあります。

傷跡修正は、通常の包茎手術よりも更に高度な医療技術が求められます。

そのため、クリニックの選択は、慎重にならざるを得ません。

以下のクリニックは、経験も豊富なこともあり、安心出来るでしょう。

もし傷跡で悩んでいるのであれば、一度相談してみてはいかがでしょうか。

どの程度の費用がかかり、どのような手術必要なのかなどを説明してもらえるはずです。

ABCクリニック

ABCクリニックは、3つのAをモットーにしているクリニックです。

Anka(安価)、Anshin(安心)、Anzen(安全)がキーワードです。

特に傷跡治療にも自信を持っています。

修正治療を積極的に行っているクリニックは技術力があると言い切っています。

傷跡修正の実績があるか否かなどでも包茎手術のクリニック選びに良いとのことです。

包茎手術は無論、傷跡修正技術にも自信をのぞかせているクリニックと言えます。

最近の包茎手術トラブルの多さから、傷跡修正の重要性やニーズの高さをいち早く捉えたようです。

上野クリニック

上野クリニックにも修正手術があります。

「ひとつウエノ男」というキャッチフレーズで有名です。

ここでは、他院での仕上がりに納得が出来ずに悩んでいる人に対してのカウンセリングを行っています。

傷跡修正は、前述の通り、包茎手術よりも高度な医療技術が求められます。

そのため、熟練した医師の腕が必要となります。

24時間365日での男性による電話サポートを行っているため、安心です。

まずはどのような傷跡が残っているのかなどを説明して、どの程度修正であるのかをヒアリングしても良いでしょう。

本田ヒルズタワークリニック

自分の名前をクリニック名にしているところから、「責任は自分で持つ」をモットーにしているクリニックです。

テレビ出演をして包茎手術について語っていたことがあるので、記憶にある方もいるでしょう。

「日本で一番予約が取りにくいクリニック」として名を馳せ、芸能人も多く来店してると評判です。

包茎手術では「カリスマ」と呼ばれています。

問題があると訴訟に発展しやすい芸能人が来店していることから、腕はかなり良いと思われます。

キトー君

キトー君は、真性包茎強制グッズです。

そのため、今回の傷跡修正とは直接は関係しません。

しかし、真性包茎で悩んでいる場合、キトー君を適切に使用することで真性包茎を仮性包茎にすることは可能です。

そもそも仮性包茎は、治療の対象でないため保険がききません。

まずは包皮が剥けるようになれば必ずしても手術は必要ないと思われます。

そのため、キトー君の使用は意義があると言えます。

真性包茎で悩んでいる場合、まずはキトー君を使用し包皮が剥ける状態にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

一大決心をして包茎手術を受けたものの、傷跡が醜く残るなどして悩んでいる人もいます。

不幸にも未熟な腕の医師の施術を受けてしまうリスクも考えられます。

本来は亀頭著直下埋没法などは、傷跡を目立たなくするために開発された方法です。

それにもかかわらず、いい加減な手術を受けて被害にあう人が多く、消費者センターにも相談が寄せられています。

もし、傷跡が気になるのでしたら、上記のクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ