根元部固定法っていう包茎手術は何が良くてどこにデメリットは存在するのか?

包茎手術は、基本的に包皮を物理的に切除する方式を取ります。

しかし、包皮を切除することによって生活にさまざまな支障をきたします。

傷が治るまでは安静にしなければならず、消毒も随時行わなくてはいけません。

包茎手術は、陰部に傷が出来るため、怪我をしたことと同じです。

当然痛みもあり、完治するまでは相当気を使います。

そのため、体に負担をかけない「切らない手術」が話題になりました。

根部固定法も、この切らない手術に含まれます。

では、この手術方法はどのようなものなのでしょうか。

その概要や、メリットやデメリットなどを述べていきたいと思います。

根元部固定法とはどんな手術か?

「根元部固定法」の画像検索結果

https://bit.ly/2Fht8LI

根部固定法とは、医療用の接着剤で余った包皮を固定する手術です。

包皮を物理的に切除しないため、痛みもなく傷が出来ません。

前述の通り、「切らない手術」と言えば、この医療用接着剤の方式になります。

陰茎の先端は何も変わらないため、見た目的に包茎手術したことは他人に分かりません。

包茎を治療したいが、痛みや傷が心配であると悩んでいる人にはお勧めの治療法と言えます。

切らない手術という点が、他の包茎手術と比較し、大きく異なる点と言えます。

どんな症状に適応可能?

 

では、根元部固定法はどのような症状に有効なのでしょうか。

この方式は、切らずに剥き癖を付ける手術になります。

そのため、必然的に対象者が「普段から包皮を剥くことが出来る」人に限られます。

つまり、仮性包茎の人が対象になります。

その仮性包茎でも、軽度であれば当手術に最適です。

例えば、普段は包茎なので包皮を被っていていても不思議ではありません。

しかし亀頭はほぼ見えていて、カリ首のみ包皮が被っている人などが最適です。

もともと包皮が短い人などにも最適でしょう。

根元部固定法のメリットとデメリット

では、メリットとして切らない手術である根部固定法には、考慮すべきデメリットはあるのでしょうか。

メスを使って包皮を切除しないことが大きな特徴である当手術は大変魅力的です。

興味を引かれる方も多いと思われます。

しかし、これから述べるデメリットも存在します。

そのため、メリットとデメリットを両方比較して検討していただきたいと思います。

その上で切る手術を受けるか、切らない手術を受けるかを決定いただければ良いでしょう。

メリット

メリットしては前述の通り、包皮を物理的に切除しないため、身体的な負担が少なくなります。

包皮を切除すると、どうしても傷が出来るため痛みもあり、傷が治るまで安静にしなければなりません。

日常生活も制限されてしまいます。

特に陰部が傷ついているということは、男性によって恐ろしいものです。

しかし、切らずに根元部分をくっつける手術のため、そのような心配はありません。

身体的な負担が少ないということが、この手術の最大のメリットと言えるでしょう。

しかも通常の包茎手術の費用と比較すると、かなり低価格になります。

そのため、比較的簡単に治療が行えることも魅力と言えます。

更に、回復が早いため、入浴や性行為が早い段階から可能です。

健康な男性であれば、性欲があるのは当然です。

通常の包茎手術の場合は、オナニーは1か月ほど我慢しなくてはいけません。

痛みがなくなれば、当然性欲が出てきます。

そのため、オナニーの我慢はつらいものがあります。

デメリット

しかし、残念なことにデメリットもあります。

手術したとしても、一定期間が経過すると接着剤の粘着力が落ちてきてしまいます。

そのため、手術したのにかかわらず再度包皮がかぶってしまう危険性があります。

物理的に包皮を切除するのではなく、接着剤で留めているだけの状態です。

そのため汗や入浴などでどうしても粘着力が落ちてしまいます。

更に、殆どの人には影響はないのですが、まれに接着剤で炎症などが出てしまう場合があります。

腫れるなどの症状も報告があります。

最も大きなデメリットとして、この手術は「軽度の」仮性包茎のみに適用されます。

本来、仮性包茎は手術の必要はないものです。

治療が必要なものは、真性包茎とカントン包茎になります。

しかし、真性包茎はそもそも包皮が剥けないため、接着剤で剥き癖を付けることすら出来ません。

そのため、手術すら受けることが出来ません。

この点が大きなデメリットと言えるでしょう。

真性包茎やカントン包茎を根本的に治すためには、物理的に包皮を切除する包茎手術しかありません。

デメリット克服の代替法

キトー君dx(メーカー直販) 返金制度あり。郵便局止めOK。

本当に治療が必要な真性包茎やカントン包茎には、根元部固定法が適用が出来ません。

そのため、包茎手術が最も効果的な方法となります。

前述の通り、この点が大きなデメリットになります。

しかし、包茎手術しか方法はないのでしょうか。

実は、「キトー君」というものが市販されています。

このグッズは、自分自身で真性包茎を治すために開発されました。

真性包茎に特化しているため、仮性包茎などには使用は出来ません。

使用方法としては、キトー君の先端を包皮の間にゆっくり挿入します。

そしグリップを握り、ゆっくり先端の包皮を押し開いていきます。

決して焦らず、無理をしないようにして下さい。

痛みがあった場合は、すぐに中止し、痛みが引かない場合は病院に行ってください。

素人判断は危険です。

異常があったら恥ずかしがらずに専門医の診断を受けて下さい。

まとめ

自分自身の陰茎にメスと入れるということは、恐ろしいことです。

そのため切らずに包茎を治せる方法は大変魅力的なものでしょう。

しかし、元に戻ってしまうなどのデメリットがあるため、注意が必要です。

比較的安価に受けられる反面、手術しても意味がない場合もあります。

やはり通常の包皮を切除する「包茎手術」に勝るものはないでしょう。

痛みを我慢するか、それとも安価に接着剤で対応するかは本人の決定になります。

包茎手術が確実ではありますが、真性包茎には対応が出来ないため、あまり意味がないと思われます。

本当に治療すべき包茎は、真性包茎とカントン包茎になります。

そのため、手術かもしくはキトー君の使用の方が現実的と言えるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ