包茎手術のナチュラルピーリング法にデメリットは存在するのか?

包茎を治したいと思うものの、手術でメスを入れることは恐ろしいことです。

世間では「包茎矯正グッズ」などが市販されていますが、効果のほどは定かではありません。

矯正グッズの代表例として、剥き癖を付ける「矯正リング」があります。

包皮を剥いた状態でリングを装着し、剥き癖を付けるものです。

インターネットでもさまざまなレビューがされており、世間の関心の高さがうかがえます。

しかし物理的に包皮が長い場合が多く、効果のほどは芳しくないことが現状です。

包茎を治す最も効果的な方法は、包茎手術で包皮を切除することです。

しかし、手術にはリスクが伴う上、痛みもあります。

最近では「ナチュラルピーリング」という手術方法も登場しています。

今回は、この手術方法について述べていきたいと思います。

 

皮チン君
ナチュラル=自然、ピーリング=剥く?

 

ムケチンさん

何となく痛くなさそうなネーミングだけど、実際のところはどうなんだろうか

 

>>真性包茎やカントン包茎の人はこちら

 

ナチュラルピーリング法とはどんな手術か?

ナチュラルピーリング法は、「切らずに包茎を治す」方法です。

別名、「ノンカット法」とも呼ばれています。

メスを使うことなく余った包皮を縫合して亀頭を露出させる手術です。

余った皮を二重まぶたに使われる糸で数か所塗って剥ける癖をつけます。

縫合することによって亀頭を露出させる方法と言えます。

つまり、縫い合わせることで包茎を治す手術方法です。

一時期、「切らずに包茎を治す」というコンセプトの元、話題になりました。

包皮を切除しないため体の負担が少なく、一見良い印象を受けますが、現在では少なくなりました。

メリットよりデメリットの方が多かったためと言われています。

 

どんな症状に適応可能?

ナチュラルピーリングは、仮性包茎に対して有効な手術です。

仮性包茎は、包茎の種類として最も母体数の多いものです。

仮性包茎は、平常時および勃起時に包皮が簡単に剥くことの出来る状態です。

そのため、多くの人が手術を受けられる可能性があります。

「剥き癖をつける」手術のため、そもそも普段から包皮が「剥ける」ことが前提となります。

仮性包茎でも、人によって度合いがあります。

包皮が亀頭を覆ってしまっている場合や、先端だけ剥けていて尿道だけが見えている状態の場合があります。

その他、亀頭のほとんどが露出しカリ首にのみ被っている場合があります。

軽度の仮性包茎であるため、カリ首のみ包皮が被っている状態などが有効でしょう。

 

皮チン君
なーんだ。真性やカントン包茎には使えないのか・・・
包茎博士
あくまで剥き癖をつける手術じゃからな。

 

ナチュラルピーリング法のメリットとデメリット

切らない手術は、包茎に悩む人にとって大変魅力的なものでしょう。

もし切らずに治せるのであれば、痛みもなく日常生活にも制約がなく大変楽です。

なるべく体にメスと入れたくないということは、誰でも望むことでしょう。

物理的に包皮を切除する手術の場合、後遺症なども心配の種となります。

その他、手術した後の見た目なども手術を受けないと判断出来かねることあります。

その点、包皮を切除しないナチュラルピーリングは興味深いものがあります。

しかし切らない手術は一見、魅力的ではありますが、デメリットも存在します。

ではナチュラルピーリングのメリットとデメリットを述べていきたいと思います。

メリット

メリットとしては、包皮の切除という外科手術がないため身体的負担が少ないことが魅力です。

包皮を切除した場合、日常生活に制約がかかります。

包皮を切除するということは、体に傷がつくという意味で怪我をしたことと同じです。

傷が塞がるまで安静にしている必要がありますし、手術した陰部に衝撃が加わることは論外です。

特に通勤や通学の満員電車などは恐怖です。

そのため手術して日の浅い時、私はかなり早い電車に乗って混在を緩和していました。

包皮を切除することにより後の人生で包茎に悩まなくてよい反面、傷が塞がるまではかなり気を使います。

しかし包皮を切除しないナチュラルピーリングは、日常生活の制約もなく、軽度の包茎なら簡単に治ります。

この点が大きなメリットと言えるでしょう。

デメリット

受けられる対象として、前述の通り仮性包茎の人のみに適用される点が挙げられます。

本来、仮性包茎は平常時や勃起時に関わらず包皮を剥くことが可能です。

そのため、必ずしも包茎手術が必要ではありません。

それに対し、真性包茎やカントン包茎は、日常生活に障害を来します。

真性包茎の最も懸念すべき問題として、包皮を剥くことが出来ないため不潔になりやすいことが挙げられます。

カントン包茎は、勃起時に亀頭の根元を締め付け、痛みや最悪の場合は細胞の壊死を招きます。

このような観点から真性包茎とカントン包茎は、仮性包茎よりも対処が必要であることは明白です。

しかし残念なことに、そもそも包皮が剥けない真性包茎は、物理的に包皮を切除する方法しかありません。

剥き癖を付けるためには、そもそも包皮が「剥ける」ことが前提です。

真性包茎やカントン包茎は、そもそも包皮が剥きづらいためナチュラルピーリングは適用が出来ません。

その他の問題として、仮性包茎でも軽度の患者を想定しています。

そのため、仮性包茎で常時包皮を剥くことが出来る状態でも、剥き癖がつかないことがあります。

亀頭を覆っている包皮が多いと、その分剥き癖がつきづらくなります。

最悪の場合として、元に戻ってしまい、手術した意味がなくなってしまうこともあります。

 

 

真性包茎・カントン包茎の人はどうすればいいのか?

昔は真性包茎やカントン包茎は残念ながらナチュラルピーリング法は使えないので、いわゆる切る手術が必要になります。ただ、手術にしても痕が目立たない術法が開発されていましたし、現在ではいろいろな方法が開発されています。

「真性グッズ」キトー君はその代表例です。それぞれ長所・短所があるので、比較して自分に合った方法を選択するのが重要ですよ!

 

キトー君の利用

キトー君という器具を使って亀頭と包皮の隙間に入れて皮を伸ばすという手段が考えられます。

すぐに効果がでるものではなく、二週間~2か月かかるというものですが、クリニックに行くよりはずっと低額で済みます。

但し、包皮輪狭窄やカントン包茎の場合、入口が狭くなっているので、写真のように器具が入るかどうかわかりません。

ただ、色々試して改善が難しかった場合は、手術代保証制度や返品制度も使えるようです。

 

>>キトー君の公式サイト<<

 

また、購入の方法や手術代保証制度や返品制度等、キトー君の詳細はこちらのページに記載しておりますので、ご確認ください。

 

>>キトー君の詳細情報はこちら

 

キトー君の長所

  • 手術に比べて安価
  • 自宅で手軽に実施可能

キトー君の短所

  • 改善(皮が伸びるまで)に2週間以上かかる
  • 改善しても仮性包茎で、ずる剥けになるには、もう一苦労必要
  • 手術代保証はあくまで保険が効く手術なので仕上がりは重視されない
  • カントン包茎の人への適応は明記されていない。

 

皮チン君
キトー君は包茎仲間の間でも評判ですね。ただ、使えない場合や緊急を要する場合は厳しいかもしれません。

 

包茎手術

基本となるのはクリニックでの手術です。

手術の内容としては、包皮の狭窄部分を拡張し、さらに余分な包皮を取る形になります。

メリットしては、確実かつ速やかに改善させることが可能です。一方で、手術なので失敗リスクもあることを覚えておきましょう。

状況によっては保険適用あり

通常、保険が効かず費用が高額になると書きましたが、実は保険が効く場合もあります。

その線引きとしては、真性包茎またはカントン包茎で、日常生活に支障がある程、重傷だと判断された場合です。

日常生活に支障があるかどうかは個人では判断が難しいので、気になる方は専門のクリニックに行ってみることをおすすめします。

ただ、保険適応の包茎手術は手術後の仕上がり(見た目)まではフォローしてくれません。よりよい形で問題を解決、ということであれば、例えば亀頭直下埋没法のようなメンズクリニックでの「切らない手術」をお勧めします。

 

ムケチンさん
保険適応の手術は仕上がりを気にする男性には正直おススメはできない。堂々と見られるようにするためには「切らない手術」の方をおすすめするぞ。
包茎博士
ただ、包茎手術はリスクがあることも忘れてはいかんぞい。リスクを回避したいならキトー君でまず試してみるのも一つの手じゃ

 

包茎手術の長所

  • その日のうちに問題解決可能
  • 一気にずる剥けまで持っていける

包茎手術の短所

  • キトー君と比べると費用がかかる
  • 保険適応の手術を選択すると、仕上がりは考慮されない
  • 術後しばらくはオナニーやセックス禁止
  • 難しい術式ほどリスクが高い

 

包茎手術可能なメンズクリニック

包茎博士
どの都道府県にもクリニックはあるが、包茎手術のリスクを回避するためには、執刀数が多い全国展開しているクリニックがおススメじゃ。

ABCクリニック

まず紹介する全国展開しているクリニックは「ABCクリニック」

様々な術式に対応しており、もちろん真性包茎の治療もカバーしています。

大都市近郊から地方都市周りまでかなり広い範囲を抑えています。

メリット

3つのA(Anka、Anshin、Anzen)をモットーに、カウンセリングからアフターフォローまで行っています。

包茎手術の際に執刀は院長が責任を持って行いますし、美容外科で多くの実績を残しているため、信頼出来ます。

オペ室の設備にも力を入れており、大病院のような充実した設備が自慢のクリニックです。

費用

現在、「3,30,3プロジェクト」というものを実施しています。

3日前までの予約をすると、30%安くなるというサービスで、あまり費用をかけたくない人などに好評のサービスです。

既に7,500人を超える利用者がいます。

来院3日前までに予約を行うと、安価になる手術もあるので、ぜひ

オプション料金が別途かかることは、基本ありませんし、無理に勧められることもないので安心です。

可能な手術の内容

ABCクリニックでは、下記の種類が用意されています。

  • 包茎治療(仮性・真性・カントン・包皮輪狭窄含む)
  • 長径手術術
  • 早漏予防治療

 

>>ABCクリニックの申し込みはこちら<<

 

上野クリニック

タートルネックの男性の広告で知られていますおり、恐らく、日本で最も知られている包茎手術クリニックではないでしょうか

メリット

「ひとつウエノ男」というキャッチフレーズで知られています。

特筆すべきは3段階麻酔法です。

手術時の痛みは、かなり気になるものです。

そのため、患者の体を考えた最先端の麻酔法は、大きな利点でしょう。

国内最大の手術実績があるため、信頼性も抜群です。

費用

費用は以下の通りです。

  • 包茎手術(ナイロン糸使用):72,000円(税抜)
  • 包茎手術(吸収糸使用):100,000円(税抜)
  • ヒアルロン酸注入(早漏改善):120,000(1本)~600,000円(5本)
  • ヒアルロン酸注入(亀頭増大):180,000(1本)~900,000円(5本)

クレジットカード払いに対応しています。

可能な手術の内容

「複合曲線作図法」という手術法を採用しています。

切除ラインが亀頭の傘の下に隠れるように作図します。

男性自身の裏スジの包皮小帯という非常に重要な部分を残す機能的曲線を組み合わせます。

丁寧な作業で、自然な仕上がりとなることが特徴です。

しかも陰茎の内側と外側で使用する切開道具を使い分け、縫合針にも気を使っているクリニックです。

 

>>上野クリニックの申し込みはこちら<<

 

本田ヒルズタワークリニック

本田ヒルズタワークリニックは、マスコミでも取り上げられた有名なクリニックです。日本で最も有名な包茎医師と言っても過言ではないでしょう。

元横綱の朝青龍の主治医を務めていたことも大きな話題となりました。

メリット

まず、実績豊富なのがあることが強みです。特に「切らない手術」に定評があります。

クリニックのコンセプトにしている増大手術や、無論、切る手術も選択可能です。

費用

費用については、症状によりますので一概には言えますが、参考まで一般的な手術の料金を記載します。

切らない手術費用は、以下の通りです。

  • 増大手術(ヒアルロン酸注入)
  • ランクA(永久に吸収されない)は、200,000円/1cc
  • ランクB(約3年で吸収)は、150,000円/1cc
  • ランクC(約半年で吸収)は、500,000円/1cc

やはり値段は高いですが、永久に吸収されないヒアルロン酸注入のランクAが良いでしょう。

切る手術は費用は、以下の通りです。

  • 亀頭直下埋没法は、300,000円
  • 環状切開法は、100,000円

可能な手術の内容

前述の通り、「切らない手術」に定評があります。

  • 包茎治療(仮性・真性・埋没・カントン・炎症性・老人性包茎)
  • 長径・増大術
  • 修正治療
  • 早漏治療
  • ED治療
  • コンジローム除去

 

>>本田ヒルズタワークリニックの申し込みはこちら<<

 

まとめ

ナチュラルピーリングは、切らない手術のため包茎に悩む人には魅力的なものです。

しかし、手術を受けるためには様々な制約があります。

やはり、仮性包茎に関わらず包茎全般を治すためには包茎手術が最適です。

物理的に包皮を切除することにより、亀頭が剥き出しになります。

初めは下着などにこすれて痛みがありますが、必ず慣れていきます。

もし真性包茎に悩んでいるのであれば、まずはナチュラルピーリングよりキトー君や他の手術の方が良いでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ