包茎手術のナチュラルピーリング法にデメリットは存在するのか?

包茎を治したいと思うものの、手術でメスを入れることは恐ろしいことです。

世間では「包茎矯正グッズ」などが市販されていますが、効果のほどは定かではありません。

矯正グッズの代表例として、剥き癖を付ける「矯正リング」があります。

包皮を剥いた状態でリングを装着し、剥き癖を付けるものです。

インターネットでもさまざまなレビューがされており、世間の関心の高さがうかがえます。

しかし物理的に包皮が長い場合が多く、効果のほどは芳しくないことが現状です。

包茎を治す最も効果的な方法は、包茎手術で包皮を切除することです。

しかし、手術にはリスクが伴う上、痛みもあります。

最近では「ナチュラルピーリング」という手術方法も登場しています。

今回は、この手術方法について述べていきたいと思います。

ナチュラルピーリング法とはどんな手術か?

ナチュラルピーリング法は、「切らずに包茎を治す」方法です。

別名、「ノンカット法」とも呼ばれています。

メスを使うことなく余った包皮を縫合して亀頭を露出させる手術です。

余った皮を二重まぶたに使われる糸で数か所塗って剥ける癖をつけます。

縫合することによって亀頭を露出させる方法と言えます。

つまり、縫い合わせることで包茎を治す手術方法です。

一時期、「切らずに包茎を治す」というコンセプトの元、話題になりました。

包皮を切除しないため体の負担が少なく、一見良い印象を受けますが、現在では少なくなりました。

メリットよりデメリットの方が多かったためと言われています。

どんな症状に適応可能?

ナチュラルピーリングは、仮性包茎に対して有効な手術です。

仮性包茎は、包茎の種類として最も母体数の多いものです。

仮性包茎は、平常時および勃起時に包皮が簡単に剥くことの出来る状態です。

そのため、多くの人が手術を受けられる可能性があります。

「剥き癖をつける」手術のため、そもそも普段から包皮が「剥ける」ことが前提となります。

仮性包茎でも、人によって度合いがあります。

包皮が亀頭を覆ってしまっている場合や、先端だけ剥けていて尿道だけが見えている状態の場合があります。

その他、亀頭のほとんどが露出しカリ首にのみ被っている場合があります。

軽度の仮性包茎であるため、カリ首のみ包皮が被っている状態などが有効でしょう。

ナチュラルピーリング法のメリットとデメリット

切らない手術は、包茎に悩む人にとって大変魅力的なものでしょう。

もし切らずに治せるのであれば、痛みもなく日常生活にも制約がなく大変楽です。

なるべく体にメスと入れたくないということは、誰でも望むことでしょう。

物理的に包皮を切除する手術の場合、後遺症なども心配の種となります。

その他、手術した後の見た目なども手術を受けないと判断出来かねることあります。

その点、包皮を切除しないナチュラルピーリングは興味深いものがあります。

しかし切らない手術は一見、魅力的ではありますが、デメリットも存在します。

ではナチュラルピーリングのメリットとデメリットを述べていきたいと思います。

メリット

メリットとしては、包皮の切除という外科手術がないため身体的負担が少ないことが魅力です。

包皮を切除した場合、日常生活に制約がかかります。

包皮を切除するということは、体に傷がつくという意味で怪我をしたことと同じです。

傷が塞がるまで安静にしている必要がありますし、手術した陰部に衝撃が加わることは論外です。

特に通勤や通学の満員電車などは恐怖です。

そのため手術して日の浅い時、私はかなり早い電車に乗って混在を緩和していました。

包皮を切除することにより後の人生で包茎に悩まなくてよい反面、傷が塞がるまではかなり気を使います。

しかし包皮を切除しないナチュラルピーリングは、日常生活の制約もなく、軽度の包茎なら簡単に治ります。

この点が大きなメリットと言えるでしょう。

デメリット

受けられる対象として、前述の通り仮性包茎の人のみに適用される点が挙げられます。

本来、仮性包茎は平常時や勃起時に関わらず包皮を剥くことが可能です。

そのため、必ずしも包茎手術が必要ではありません。

それに対し、真性包茎やカントン包茎は、日常生活に障害を来します。

真性包茎の最も懸念すべき問題として、包皮を剥くことが出来ないため不潔になりやすいことが挙げられます。

カントン包茎は、勃起時に亀頭の根元を締め付け、痛みや最悪の場合は細胞の壊死を招きます。

このような観点から真性包茎とカントン包茎は、仮性包茎よりも対処が必要であることは明白です。

しかし残念なことに、そもそも包皮が剥けない真性包茎は、物理的に包皮を切除する方法しかありません。

剥き癖を付けるためには、そもそも包皮が「剥ける」ことが前提です。

真性包茎やカントン包茎は、そもそも包皮が剥きづらいためナチュラルピーリングは適用が出来ません。

その他の問題として、仮性包茎でも軽度の患者を想定しています。

そのため、仮性包茎で常時包皮を剥くことが出来る状態でも、剥き癖がつかないことがあります。

亀頭を覆っている包皮が多いと、その分剥き癖がつきづらくなります。

最悪の場合として、元に戻ってしまい、手術した意味がなくなってしまうこともあります。

デメリット克服の代替法

では、切らない手術であるナチュラルピーリングの他に、切らずに包茎を治す方法はあるのでしょうか。

実は、市販されている包茎強制グッズに「キトー君」というものがあります。

この製品は主に真性包茎を治すためのグッズです。

そのため、剥き癖を付けるナチュラルピーリングとは少々概念が異なります。

ナチュラルピーリングは、軽度の仮性包茎が対象のため、そもそも真性包茎は受けることが出来ません。

もし真性包茎に悩んでいる場合は、キトー君の使用を検討しても良いでしょう。

キトー君の使用方法としては、閉じた状態で包皮の間にキトー君の先端を挿入します。

そしてグリップを握ってゆっくり先端を開き、癒着をはがしていきます。

このグッズは真性包茎を仮性包茎にするもので、根本的に包茎を治すものではありません。

しかし、包皮が剥けるようになれば、恥垢を洗い流すことが出来ます。

包茎を治す最も効果的な方法は包茎手術ですが、まずは真性包茎に悩む人はキトー君を検討しても良いでしょう。

まとめ

ナチュラルピーリングは、切らない手術のため包茎に悩む人には魅力的なものです。

しかし、手術を受けるためには様々な制約があります。

やはり、仮性包茎に関わらず包茎全般を治すためには包茎手術が最適です。

物理的に包皮を切除することにより、亀頭が剥き出しになります。

初めは下着などにこすれて痛みがありますが、必ず慣れていきます。

もし真性包茎に悩んでいるのであれば、まずはナチュラルピーリングよりキトー君の方が良いでしょう。

しかし、キトー君の場合、使用時は自己責任となりますので、強引な使用は避けましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ