カントン包茎の治し方とは? 早期治療が必要って本当?

包茎の状態を表す言葉としてカントン包茎というものがあります。

統計がなく、どれくらいの日本人男性がカントン包茎なのか不明ですが、非常に少数派なのは間違いありません。

そのため仮性包茎よりも注目されることは少ないです。

ただ、このカントン包茎は非常に大きな問題を抱えており、速やかな治療を受けるのが好ましいと言われています。

というわけで、今回はカントン包茎とその治し方について見ていきたいと思います。

カントン包茎とは?

カントン包茎のカントンは“嵌頓”書きます。

嵌は“はまる”で、頓は“にわかに、急に”という意味で、「本来あるべき場所から急に離れて、隙間にはまって戻らなくなった状態」を指す医学用語です。

その時々によって、もとに戻らなくなったものが異なります。

包茎の場合、元に戻らなくなったのは包皮です。

仮性包茎・真性包茎の方の中には包皮口が狭くなっており、亀頭の一番太いところを包皮口が通らない、という状態になっている方が多いです。

それを頑張って、包皮口を通過させ無理に露茎状態にした結果、元に戻らくなり、陰茎を締め上げている状態になってしまったのがカントン包茎です。

ち小さい指輪を無理やり付けた結果、抜けなくなり、指輪付近の指の肉が膨れ上がってくるのと同じです。

デメリット

カントン包茎は仮性包茎などの他の包茎トラブルと同じく、包皮と陰茎の間に垢が溜まり悪臭を発するようになるなど衛生面で問題があります。

さらに、カントン包茎特有の問題点として、包皮口が狭く陰茎を締め上げるため、痛みがあります。

重度の場合のカントン包茎の場合、血流を止めてしまうため、包皮口付近がうっ血し赤黒く晴れ、十分な血液が

給されなくなった陰茎や亀頭の細胞が活動を停止し欠損することもあります。

早期治療が必要

デメリットのところでご紹介した通り、カントン包茎は仮性包茎などの他の包茎トラブルよりも深刻な問題を抱えています。

医療関係者を中心に「一番、最悪のステイタス」と呼ぶ方が居るのも納得です。

カントン包茎の方は、細胞欠損などになる前に、うっ血しているのを確認した時点で速やかな治療が必要です。

真性包茎・仮性包茎からカントン包茎になる方も

カントン包茎の厄介なところは、完全な露茎の方であればともかく、真性包茎の方や仮性包茎の方がカントン包茎になる可能性が否定できない、という点です。

すでにお伝えした通り、無理やり、包皮口を通過させ無理に露茎状態にした結果、元に戻らくなり、陰茎を締め上げている状態になってしまったのがカントン包茎です。

言い換えれば、包皮口が亀頭より狭いために真性包茎や仮性包茎になった方が、頑張って剥いた結果がカントン包茎なのです。

今まではカントン包茎にならず、無事に元の真性包茎や仮性包茎状態に戻っていた方も、なにかの拍子でしっかりハマってしまい、元に戻らなくなってしまう可能性もゼロではありません。

真性包茎・仮性包茎の方は、自分もカントン包茎になりうるリスクがあると理解し、無理に剥かないように注意しましょう。

カントン包茎の治し方

では、カントン包茎について分かったところで、いよいよ本題です。

カントン包茎の治し方について見ていきたいと思います。

包茎手術

カントン包茎の治し方の基本は泌尿器科や美容クリニックで行われる包茎手術です。

メスを入れて包皮口を広げることで、ハマった状態を解放してあげると同時に、余分な包皮を取り除く形になります。

嬉しいことに、カントン包茎は非常に深刻なデメリットを持つため、保険適用手術を受けることが可能になっています。

気になっている方は速やかに泌尿器科に相談に行くと良いでしょう。

保険適用外手術の検討も

ただし、保険適用されるのは泌尿器科での治療です。

泌尿器科の包茎手術は確実に治すことができます。

しかし、治すことだけに力点を置いているため、手術後の仕上がりまでは必ずしも考慮されているとは言えません。

性感帯部分は切り取って欲しくないなど、包茎手術後の仕上がりについてもしっかり考えたい方は、美容整形クリニックで手術を受けると良いでしょう。

保険適用外になり費用は高額になってしまいますが、納得のいく仕上がりになるはずです。

自力で治せる?

手術は怖いし時間がかかるので、自力で治したい、という方も少なくないでしょう。

一部Webサイトでは自力でカントン包茎を治すことが可能である、という書き込みもありますが、あまりおススメできません

包皮口の広さは日々頑張れば広くなるようなものではないからです。

人間の体はゴムではありませんので、引っ張った分だけ伸びるような構造になっていません。

器具を使うことで包皮口を広げられる、という主張は疑問符が付くどころか、むしろ、下手に生殖器をいじくりまわすことの方がリスクです。

まとめ

今回は、カントン包茎の治し方について見ていきました。

繰り返しになりますが、カントン包茎は真性包茎や仮性包茎よりも危ない状態です。

カントン包茎になってしまった方は、思い悩むことなく、速やかに医師に相談に行くべきでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ