未成年が包茎手術をするのに親の承諾が要るって本当?

包茎で悩み始めるのが思春期を過ぎた頃ではないでしょうか。

中学の頃は包茎より発毛が中心であった記憶があります。

「毛が生えたか」という話題がかなりありました。

しかし発毛が終わると、今度は「皮が被っている」などの話題になります。

「生えたか」の代わりに「剥けたか」という話題になったことを覚えています。

性の悩みは徐々に低年齢化していると言われています。

昔と違い、現代は男同士で裸になるという機会が減っているようです。

そのためインターネットで情報を得ることは出来ても、性の悩みを共有する機会が減っています。

しかも未成年の場合は、監督義務が親にあります。

今回は、未成年が包茎手術を受ける時の親の承諾について述べていきたいと思います。

未成年の包茎問題は深刻

性の目覚めとともに、自分の性器の大きさや形などに興味を持ち始めるのが思春期です。

同時に悩み始める時期も、この時期と言えるでしょう。

陰毛が生えそろい、大人の男としての体の準備が整っても安心は出来ません。

今度は包皮が剥けるか剥けないかといった問題が生じてきます。

実際包茎クリニックには最近、未成年の問い合わせが増加傾向にあるとの報告があります。

まだ性に関して経験が浅く、無知であるため必要以上に悩んでしまう傾向があります。

しかも前述の通り、最近は性の悩みを同級生の男同士で共有しあうことも減っています。

今後の性生活に深刻なトラウマを残すことも

以前と比較し、インターネットで情報を得ることは出来ます。

そのため最近では「包茎は恥ずかしい」という包茎クリニックの宣伝文句は、それほど効力を発揮していないようです。

殆どの男性は「仮性包茎」であるという事実を、インターネットなどで知っている人が増加したことが原因です。

無論、最近の未成年の男子も、そのような知識はあると思われます。

しかし、情報が多いものの経験が少ない分、自分自身の陰茎にコンプレックスを抱きやすいことも事実と言えます。

特に思春期の悩みやコンプレックスは、後々に性生活に重大な影響を与える危険性が高いです。

なぜ包茎手術に親の承諾が必要なの?

包茎手術に限らず、未成年は親の扶養内に入っています。

よほどの凶悪事件でない限り、法的に責任が問われることはありません。

その代わりに親が、責任を負うことになります。

まだ物事を判断することは未成熟であると判断されるため、未成年に決定権はありません。

そのため、親の承諾が必要になります。

親の承諾書の内容ですが、主に以下の2つの内容になっています。

子供が手術を受けることを同意すること、そして一切の意義申し立てをしないことの2点となります。

クリニック側も自分で手術の判断が不可能であると定められている患者にクリニック側が手術を行った場合は、リスクが伴います。

なぜなら本人や家族が手術費用の返還を求めた場合、応じなければならないためです。

そのために同意書の内容に署名があることを確認した上で手術を行います。

親にばれないで手術を受けるのは不可能?

未成年であったとしても、大学生で親元を離れているのであれば可能と思われます。

しかし、親と同居している時点でほぼ不可能でしょう。

そもそも包茎手術の代金を工面すること自体が、大学生や社会人でないと現実的ではありません。

未成年の場合、まだ陰茎が発達する可能性があります。

そのため、成人してからでも包茎手術を検討しても遅くはありません。

未成年は、まだ陰茎が成長段階の可能性があることを忘れないでいただきたいと思います。

手術以外の方法を考えるしかない

未成年で、金銭の工面が現実的でない場合、手術以外の方法で包茎を克服することが最も現実的です。

特に性欲が盛んで、オナニーなどを頻繁に行う場合など、オナニーの方法を工夫するなどがあります。

もし仮性包茎であれば、包皮を剥いて亀頭を露出させ、ローションなどで亀頭を刺激する方法があります。

俗に言う、「亀頭オナニー」になります。

特に亀頭のカリ首を刺激すると良いです。

包茎は、包皮が乗り越えられないほどの亀頭のカリ首の段差があれば克服出来る可能性が高くなります。

どうしても包皮を上下運動する「皮オナニー」をしてしまいがちですが、あえて亀頭オナニーをしてみてはいかがでしょうか。

無論、物理的に包皮が長ければ亀頭にかぶってしまいますが、亀頭を鍛錬することは包茎を克服する意味で大変意味があります。

キトー君

キトー君は、真性包茎を矯正するグッズです。

そのため、仮性包茎には使用出来ません。

もし包皮が剥きづらい状態や、勃起しても包皮が剥けない、または痛みがあるなどの場合は早急に対応が必要です。

剥きづらいのあれば真性包茎、勃起時に根元が痛むなどの場合はカントン包茎の場合があります。

無論、素人判断は危険ですので、医師の診断が必要です。

もし剥きづらいなどの症状があった場合、キトー君で症状を緩和出来る可能性があります。

このキトー君は、ニッパのようにグリップを握ります。

通常はグリップを握ると先端が閉じる仕組みですが、キトー君は握ると先端が開きます。

閉じた状態でゆっくりと包皮の中にキトー君の先端を入れ、徐々に伸ばしていく使い方をします。

この方法で包皮が剥けなかった真性包茎が、剥くことの出来る仮性包茎までになった人もいます。

ただ素人判断は危険です。

もし痛みや違和感があったら直ちに使用を中止し、医師の診察を受けて下さい。

ただし親と道教している未成年の人は、局留めなどにすると良いでしょう。

まとめ

未成年の場合、個人差は有るもののまだ陰茎が発達する可能性が残されています。

そのため、焦る必要はないでしょう。

無論、包茎手術は成長期などの早い時期に行った方がより亀頭が発達しやすい面はあります。

しかし真性包茎や勃起時に痛みがあるカントン包茎の場合は、なるべく早めに治した方が良いでしょう。

真性包茎やカントン包茎の場合は、保険が適用される可能性があります。

しかし、医学的に真性包茎やカントン包茎でも痛みがない場合は、特に早急に手術の必要はないと言われています。

殆どのクリニックでは未成年は親の同意書を求めます。

そのため、誰にも知られたくない場合は、成人して自分自身の金銭で受けることが最適でしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ