仮性包茎の治し方とは? 治療不要って本当?

データによって異なりますが、日本の成人男性の5割~7割が仮性包茎だそうです。

幅はありますが、いずれの結果でも仮性包茎ではない男性の方が少数派で、日本人男性の大半は仮性包茎ということは明らかです。

そこで今回は、多くの日本人が気になっている仮性包茎についてみていきたいと思います。

仮性包茎とは?

一応、念のため仮性包茎とはどういう状態なのか確認しましょう。

簡単に言うと、包皮が亀頭を覆い被さっている状態です。

完全に覆い被さって亀頭の姿がまったく見えない真性包茎に対して、ある程度、亀頭が露出しているのが、仮性包茎です。

どの程度、亀頭が露出しているかは人それぞれですので、ひとえに仮性包茎と言っても、軽度の方から重度の方まで、その状態は千差万別です。

仮性包茎の原因は?

ひとえに仮性包茎と言っても、症状がバラバラですが、基本的には原因はみなさん同じです。

その原因とは、包皮が長く余ってしまう、という点です。

行き場のない余分な包皮が上に押し出されて、亀頭に掛かってしまうというわけです。

ただし、一部の重症な仮性包茎の方はこれ以外の原因も考えられます。

その原因とは包茎口が狭いパターンです。

包皮口とは包皮の切れ目のことですが、これが亀頭より狭く、うまくくぐれない場合も仮性包茎となります。

袖口が狭くて、手が全部出ない服を着させられているイメージでしょうか。

仮性包茎は治さなくても良い?

最近、一部のWebサイトなどでは仮性包茎を治さなくても良いという趣旨の投稿もあるようです。

実際はどうなのでしょうか?

少し踏み込んでみていきましょう。

仮性包茎は保険適用外

重要なポイントが仮性包茎の包茎手術は保険適用外である、ということです。

ご存知の方も多いと思いますが、個人の健康や公衆衛生の観点からみて、実施した方が良い治療、実施するべき手技にのみ保険が適用されます。

例えばインフルエンザのような患者が死に至ることがあり、周りにも影響のある感染症は速やかに治療するべきです。

万が一にも、費用負担を恐れて患者が病院に来ず、死亡したり、周りに感染を広げると困りますよね。

そこで保険を適用し、患者の費用負担を軽減しているのです。

裏を返せば、保険適用外である仮性包茎の包茎手術は医学の観点からみると、必ずしも治療は必要ではない、という理屈になります。

包皮にも役目はある

なにごとにも存在意義や意味があります。

包皮にも役目があることが分かっているので、ご紹介しましょう。

包皮の存在意義一つ目は、包茎の保護です。

子孫を残すこと生き物にとってもっとも重要な役割だとすれば、そのための器官である生殖器はもっとも重要な体のパーツです。

包皮は生殖器であるペニス本体を包むことで、傷付いたり、細菌やウィルスが付着するリスクを抑えています。

最近わかってきたことですが、包皮はセックス時にも役割はあると考えられるようになっています。

ペニスの膣への挿入は、物理的な接触ですので摩擦による痛みを感じる女性も多いです。

特に性交になれていない女性は快感よりも痛みの方が強いこともしばしばあります。

ところが、包皮に余分があると、包皮自身も膣への挿入に合わせて多少スライドし、痛みを緩和させます。

仮性包茎の方との性交の方が、露茎の方との成功より痛みが少なく快感を得られた、と感じる女性が多数派である、という研究成果すらあります。

仮性包茎にはデメリットが多い

上で見た通り、包皮にも役割があります。

とはいえ、仮性包茎にはデメリットがあるのも確かです。

そこで、最後に仮性包茎のデメリットを見ていきます。

衛生面の問題

よく言われることですが、仮性包茎には衛生上の問題が少なからずあります。

なぜならば、包皮と亀頭・包茎の隙間のミゾに垢が溜まってしまうためです。

この垢を特に恥垢と言いますが、悪臭を放つことがあるだけでなく、細菌が住み着くなどして健康に悪影響を与えてしまう可能性もあります。

女性受けの問題

第二のデメリットは命に係わるわけではありませんが、仮性包茎には女性受けが良いとは言えない、というデメリットもあります。

やはり悪臭を放つものを自分の身体に入れることに抵抗のある女性は少なくないですし、見た目に関しても完全な露茎の方が逞しく、それに劣るのは確かです。

カントン包茎になってしまうことも

包皮口が狭いことも仮性包茎の原因であることはすでにお伝えしました。

このタイプの仮性包茎の方に起きる問題がカントン包茎化してしまうことです。

無理やり包皮を剥いた結果、元に戻らなくなり、ペニスがうっ血するのがカントン包茎です。

ちょうど、指より小さい指輪を付けた結果、取れなくなり、指がうっ血するのと同じです。

このカントン包茎は血流が阻害されるため、ペニスの細胞の一部が死滅し剥離するなど深刻な結果を招くこともあります。

ちなみに、このように非常に危険なカントン包茎は保険適用対象となっています。

まとめ

今回は仮性包茎についてみてきました。

仮性包茎について、治療が必要かどうか現時点では明確な答えが出ているわけではありません。

月並みな言い回しですが、自分の身体の一部ですので、ご自身が満足のいく方法を取るのが良いでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ