真性包茎の人は童貞の人ばかりなのか

真性包茎は、日常生活においても性生活においても様々なデメリットを生じさせます。

特に女性からは、不潔な陰茎と思われることが多く、真性包茎だと分かった時点で性行為を断られることもあります。

男性としては大変悲しいことであリ、プライドも傷つくことです。

男性自身も、真性包茎であることがコンプレックスで性行為に踏み込めない人もいます。

では、真性包茎の人は、童貞ばかりなのでしょうか。

男性である以上、性欲があることは当然です。

ここでは真性包茎が女性から敬遠される理由や、その解決方法などを述べていきたいと思います。

真性包茎とは?

真性包茎とは、平常時および勃起時に包皮が剥けない状態を指します。

皮の出口が亀頭の大きさより狭いため、包皮が剥けない状態になります。

つまり、痛みや固着で一切亀頭を露出することが困難な状態です。

無理に剥くと痛みが走り、場合によっては戻らなくなった包皮が腫れてしまう危険性もあります。

そのため、真性包茎の場合は無理に剥くことをしてはいけないと言われています。

成人男性の1~2%が真性包茎と言われています。

全体的な人数としては極少ですが、悩んでいる人がいる以上、見過ごせない事実であることは明白です。

真性包茎が女性から敬遠される3つの理由

真性包茎が女性から嫌われる原因は、どのようなものがあるのでしょか。

ここでは、主に女性から敬遠される3つの原因に絞って述べていきたいと思います。

まず1つ目には衛生面での問題があげられます。

真性包茎は、通常時や勃起時ともに「包皮を剥くことが出来ない」状態です。

包茎は、亀頭が包皮に覆われている状態を言います。

常に亀頭が湿っているため、雑菌の温床になることが多いです。

包皮内は、汗や、尿、精液など、さまざまな分泌物がたまります。

この分泌物が「恥垢」であり。俗にいう「チンカス」と呼ばれるものになります。

仮性包茎であれば、毎日入浴して包皮を反転して洗い流すことが可能です。

しかし、真性包茎は包皮が剥けないため、恥垢を洗い流すことが難しくなります。

そのため不潔になりやすく、臭いが発生してしまう危険性もあります。

2つ目の理由として、真性包茎の場合、女性の性交時の刺激が少ないことがあります。

そもそも男女ともに快楽を感じる大切な個所として、亀頭があります。

特に亀頭のカリ首は、女性の膣の壁をこすりあげ、快感を与える大切な男性の性器の個所となります。

その亀頭が包皮に覆われていることにより、女性が快感を覚えにくくなります。

しかし男性は刺激に弱く早漏になってしまうという悲劇が生じる可能性があります。

3つ目の原因として、性行為時に男性が痛みを伴う場合が挙げられます。

真性包茎は、平常時および勃起時に包皮が剥けない状態です。

万一、性行為時に意図せずに包皮が強引に剥けてしまった場合、激痛で性行為どころではなくなってしまいます。

痛がる男性を前に、女性も性行為の興奮が冷め、痛々しい気持ちにさせてしまうことも考えられます。

では、真性包茎の人は童貞の人ばかりなのか?

では真性包茎の人は、童貞の人ばかりなのでしょうか。

実は「素人童貞」という言葉があります。

風俗嬢以外の女性との性行為の経験がない男性に対して蔑んで用いる言葉です。

風俗嬢の愚痴などにあるのものとして「真性包茎の客が来た」というものがあります。

顔を近づけただけで激臭がしたため、プレイの最初から最後までコンドームを着用したそうです。

男性である以上、性欲があることが当たり前のため、童貞かどうかは人によると言えます。

しかし、真性包茎により自信が持てず、性行為のチャンスを逃している人も多くいると思われます。

真性包茎の場合は無理に包皮を剥くと痛みがある場合が多いため、性行為に対して恐怖心を抱いてしまう人もいます。

そのため、性欲はあるものの、いまいち性行為に踏み込めずに悩んでいる人もいるでしょう。

やはりそのような人には一刻も早く真性包茎を治してほしいと願っています。

童貞でない人も真性包茎は治したほうがいい理由

たとえ既に性経験があり、童貞を卒業していたとしても、やはり真性包茎は治療した方が良いです。

なぜなら、真性包茎は包皮を剥くことが出来ないため、不潔になることが挙げられます。

更に包皮を剥くことが出来ない真性包茎がコンドームをする場合、包皮の上から装着することになります。

そのため、ピストン運動する時に女性の膣の中でコンドームが抜けてしまう危険性があります。

童貞でないということは、既に性経験があるということになります。

今までコンドームが外れたことがなかったとしても、単に運が良かった可能性があります。

女性に陰茎を愛撫してもらう場合も、もし真性包茎であった場合、相手に嫌がられる危険性が高いです。

せっかくの盛り上がったムードが壊れてしまうこともあります。

今まで真性包茎が気になって思い切り性行為を楽しむことが出来なかった人も、手術により人生が大きく変わる可能性が高いです。

まずは包茎クリニックの無料カウンセリングなどを利用してみてはいかがでしょうか。

真性包茎への対処方法

真性包茎を治したいと思った場合、どのような方法があるのでしょうか。

ここでは、器具を使用した方法や、包茎手術など様々な方法をご紹介いたします。

しかし、注意していただきたいこととして、それぞれの方法にはメリットやデメリットが存在しています。

誰にも知られずに包茎を治したいと思うのは、当然のことと言えます。

ここでは自力で治す方法及び包茎手術など、代表的な方法をご紹介したいと思います。

ぜひとも自分自身に合う方法を見つけてほしいと思います。

最も効果的な方法は、やはり包茎手術と言えるでしょう。

キトー君

キトー君は、真性包茎を治すためのグッズです。

そのため、仮性包茎には使用出来ません。

使用方法として、閉じたキトー君の先端を包皮の先端にゆっくり入れます。

そしてゆっくりとグリップを握り、包皮を広げていきます。

真性包茎は、そもそも包皮が剥けない状態のため、亀頭は大変敏感になっています。

キトー君は先端が亀頭に当たるだけでも痛みを感じる可能性があります。

そのため焦りは禁物です。

何度か使用していくうちに、包皮が開きやすくなってきます。

キトー君を使用した体験談では、徐々に剥けて亀頭が顔を出したところ、恥垢がたまっていて激臭がしたそうです。

更に注意事項として、刺激に慣れていない剥き出しの亀頭にお湯をかけるのは危険です。

痛みを感じないようにゆっくりと恥垢を取り除いていきましょう。

手術

真性包茎を治す最も効果的な方法は、包茎手術を受けることです。

そもそも真性包茎は、包皮が剥きづらい状態のため、さまざまな弊害が生じます。

そのため、包皮を切除して常に亀頭を露出させることによって恥垢の付着などを防ぐことが出来ます。

しかも真性包茎の場合、日常生活に支障をきたす可能性があるため、保険が適用される場合があります。

そのため、通常の仮性包茎などの手術よりも安く手術を受けることが出来る可能性があります。

しかし、保険適用かどうかは医師の診察によりますので、必ずしも適用になるとは限りません。

ただし保険適用になった場合は、見た目の良さは考慮されず、明らかに切った跡が残ってしまいます。

もし、見た目の美しさを優先するのであれば、全額実費となりますが、美容クリニックでの手術をお勧めします。

美容クリニックのほとんどが「亀頭直下埋没法」という手術をしています。

この手術方法では、切除ラインが亀頭のくびれに隠れるため、自然な仕上がりになります。

ただ値段が高いため、それなりの出費は覚悟する必要があります。

クリニック側もローンなどを用意していますし、支払方法を選択することが出来ます。

しかもほとんどのクリニックが執刀医もスタッフも全員男性であることが多いです。

同じ「男同士」である安心感は大きいでしょう。

電話相談も包茎クリニックの場合は、男性カウンセラーが24時間365日体制で受け付けしています。

恥ずかしがらず、一度相談してみてはいかがでしょうか。

民間療法はおすすめできない?

現在、さまざまな包茎に関する情報がインターネットに掲載されています。

それだけ悩んでいる男性が多いということでしょう。

しかし、インターネットの情報の中には、危険なものもあります。

特に真性包茎は、包皮が剥きづらいため、強引に剥くことは大変危険です。

ホームページによっては、「一皮剥けてこそ漢」などと記述されているものもあります。

仮性包茎であるなら剥き癖を付けることは大切ですが、真性包茎は強引に剥いては危険です。

「剥いて鍛える」という方法は、仮性包茎にのみ適用出来ることであるため注意が必要です。

まずは医師の適切な診断と処置が必要です。

まとめ

真性包茎の人が、必ずしも童貞とは限りません。

しかし、自分の包茎がコンプレックスで性行為に踏み込めない人もいるでしょう。

性行為どころか、真性包茎の人の中には日頃のマスターベーションさえ苦労している人もいます。

そのため真性包茎は、出来る限り早い段階で治療すべきものであると思われます。

包茎手術を受け、一皮剥けたことにより自信につながることもあります。

男性として、セックスパートナーを満足させたいと思うのは当然です。

そのパートナーから不満の態度を示されれば、男性としてのプライドが傷ついてしまいます。

もし真性包茎で童貞の人がいたら、早めに手術をすることをお勧めします。

自分の体にメスが入ることは恐ろしいことですし、心配することは当然です。

しかし、包茎の克服により自信が回復出来れば素晴らしいことだと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ