【効率的】早漏の原因解明が改善へのアプローチの加速化に重要

男性の性の悩みの代表的なものは、「包茎」ですが、もう一つあります。

それが「早漏」です。

早漏は、若い男性を中心に常に悩みの種になっています。

男性雑誌などには殆どが包茎とセットで記載されることが多々あります。

包茎と早漏が、男性の悩みの2大巨頭と言えるでしょう。

しかし現在は逆に遅漏で悩む人が多くなっているとの報告もあります。

とは言え、早漏は若い人を中心にいまだに根深い男性の悩みと言えます。

では、早漏の原因はどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは早漏の原因や、対処法などを述べていきたいと思います。

早漏の定義

「男性 早漏」の画像検索結果

wikipediaでは早漏を次のように定義しています。

「性交時の射精に至るまでの時間が本人の意思に反して過度に短くなることをいう」

つまり、本人が希望していない早い段階に射精してしまうことと考えれば間違いありません。

wikipediaには、「早い段階」との記述であり、1分または3分との記述があります。

漠然としすぎているため、更に信憑性のある記述をご紹介いたします。

早漏に関する文書がISSM(国際性機能学会)という機関から発表されています。

その機関によると、早漏を以下のように定義しています。

「早漏は、常に、またはほぼ常に挿入前または挿入後1分以内に射精することを特徴とする(略)」

つまり、国際定義では1分位以内で射精してしまうことが「早漏」に当てはまります。

更に、WHOでは、以下のように早漏を定義しています。

「射精の制御ができないために、両者がセックスを楽しめなくなっている状態を早漏と言う」

明確な時間は記されておらず、パートナーが望む持続時間に満たない場合は「早漏」としています。

女性の理想の挿入時間とは?

では、女性が望む「理想の挿入時間」とは、どの程度の長さなのでしょか。

あるアンケート調査の結果が発表されました。

それによると、14.4分が理想の平均値とされています。

最も多かった時間は、6分~10分と発表されています。

短すぎても女性は満足できませんし、長すぎても疲れてしまいます。

絶妙な長さと言えるのかも知れません。

前述の14.4分は、前戯を抜いた「挿入時間」となります。

つまり、前戯を入れれば更に性行為の希望時間は長くなります。

早漏の原因

「男性 考える」の画像検索結果

そもそも早漏になる原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

早漏とは前述の通り、本人の意思に関係なく早い段階で射精してしまうことです。

ではなぜ、精神的に準備が整わないまま射精に至ってしまうのでしょか。

ここでは、肉体的要因と、精神的要因の2つの側面から述べていきたいと思います。

肉体的要因

まずは肉体的要因です。

■外部の刺激に慣れていない過敏性早漏

これは、純粋に陰茎が外部の刺激に慣れていないためと考えられます。

後に詳細に述べますが、早漏の物理的な原因は「包茎」にある場合が多いです。

無論、必ずしも「包茎」=「早漏」という図式は成り立つとは限りません。

普段、包皮が剥けて亀頭が露出していても、性行為の時に早漏になってしまうこともあります。

しかし、若い人の間では包茎と早漏の悩みがセットになっていることも多いことも事実です。

■短時間でのオナニー

他の問題として、短時間でオナニーを済ますことが多い人に早漏になりやすい傾向があると言われています。

特にアダルトサイトなどの過激な視覚的刺激のみで陰茎を摩擦し、短時間で射精して終了というオナニーです。

陰茎に刺激があると、条件反射のように射精する癖がついてしまうという点で、大変危険と言えます。

精神的要因

次に、精神的な要因です。

■オナニーや性行為の時に興奮しすぎる

こちらも若い人に比較的多いと言われています。

性欲が旺盛で性的興奮が強いため、勃起力があるが射精も早いことがあります。

こちらは、ある程度経験を積むことにより慣れていく可能性があります。

■心因性早漏

性行為に対する緊張と不安で早漏になることがあります。

不安で勃起障害になるのではなく逆に脊髄反射的に射精してしまうことです。

原因別、早漏へのアプローチ

BJK_kyouheikangaeru500

では早漏を克服するためには、どのようにすればよいでしょうか。

前述の通り、肉体と精神の2つの要因を挙げましたが、それぞれの克服方法について述べていきたいと思います。

まずは、肉体的要因の解決方法です。

■普段から包皮を剥いて下着を履く(外部の刺激対策)

普段から包皮を剥いて下着に収納する癖をつけましょう。

動いている途中で包皮が被ってしまうこともありますが、また剥き直せば問題ありません。

その他、用を足す時は必ず包皮を剥いて完全に亀頭を露出させましょう。

亀頭を外気に晒すことが重要です。

■オナニーを時間をかけてゆっくり行う(短時間でのオナニー対策)

時間的制約のある人や家族と同居の人などは、とにかく短時間で射精することが多いです。

そのため、体が条件反射で即射精してしまう癖がついてしまうことがあります。

短時間で強い刺激を与え、一気に射精するという方式は、セックスライフの点から見て良くありません。

人間は、外敵を警戒しながら性行為を行う野生の動物ではありません。

ビデオや動画を見ることは悪いことではありません。

時にはそれらを視聴した後、妄想だけで興奮し、ゆっくりと時間をかけて亀頭を刺激してみましょう。

更に包皮をスライドするオナニーではなく、包皮を剥き上げて完全に亀頭を露出させます。

そしてローションなどを使い、人差し指と親指で輪っかを作り、亀頭のカリ首を刺激するオナニーが効果的です。

この「亀頭カリ首オナニー」は効果があります。

包皮をスライドさせずに亀頭だけを刺激します。

■薬の服用や塗り薬を塗る

早漏防止薬などを服用することも手段と言えます。

プリリジー(タポキセチン)という成分は、早漏を防止する飲み薬に多く含まれている成分です。

これは、射精時間をおよそ2倍~3倍にすることが出来る世界初の早漏防止薬です。

その他、陰部にスプレーする薬もあります。

局部麻酔のリドカインを陰茎部分にスプレーすることで亀頭を一時的に麻痺させる働きが有ります。

■包茎手術を受ける

残念なことに包茎手術を受けたからと言って、すぐに早漏が解決するとは限りません。

早漏の原因として脊髄反射で射精してしまうことがあるからです。

しかし、早漏手術によって改善出来る可能性は有ります。

肉体的な原因の場合の早漏は、刺激に弱いことが大きな原因です。

そのため、手術をして常に亀頭を露出した状態にすることにより、刺激に慣れることもあります。

包茎手術をして傷が治り包帯が取れ、剥けた状態になると最初は違和感があります。

特に亀頭が下着にこすれて勃起してしまうことも多いです。

しかし、徐々に慣れてきますので、心配無用です。

心因性要因です。

■経験を積む

興奮し過ぎることが原因であれば、経験を積むことで改善される可能性があります。

人間は同じ経験には慣れていく習性があります。

回数を積むことが、精神的な余裕を生むきっかけにもなりうることがあります。

■早漏になっても、回数でこなせばよいと気楽に考える

緊張と不安で早漏になってしまう場合は、回数をこなして挽回すればよいと気楽に考えましょう。

無論、回数をこなすためには体力が必要なので日頃から基礎体力を養うことが必要です。

射精してしまったとしても、相手の体を愛撫し続けるなどフォローも可能です。

包茎が原因の場合は原因を取り除くことが重要

「男性 包茎」の画像検索結果

肉体的要因として、外部の物理的な刺激に慣れていないことが挙げられられます。

その殆どの原因が「包茎」にあると言えます。

無論、前述の通り、「包茎=早漏」という図式は必ずしも成立するとは限りません。

包皮が剥ければ、すぐに早漏の悩みから解放されるとも限りません。

包茎手術をして亀頭が露出したとしても、刺激に慣れるまでは時間がかかります。

しかし、亀頭が包皮に包まれていることにより、外部からの刺激に弱いことも事実です。

包茎手術をして露出した亀頭は、多かれ少なかれ徐々に刺激に慣れていきます。

そのため、包茎手術は早漏防止に効果があると言えます。

まとめ

早漏の原因は、主に亀頭部分が刺激に弱いという物理的な問題が主に挙げられます。

そのため、亀頭が刺激に耐えられるようになれば、ほぼ早漏の悩みは解決出来ます。

そのため、なかなか射精出来ない遅漏と比較した場合、それほど深刻ではないと思われます。

しかし、男性のプライドに関わることでもあります。

物理的な刺激対策であれば、包茎手術を受けて包皮を切除することが最も効果があるでしょう。

薬を服用する手段もご紹介しましたが、副作用の心配も否定出来ません。

しかもあまり薬に頼ることは良くありません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ