【注目】意外にも?早漏の改善方法の中でおススメなのは・・・

昔から「包茎」と並び、男性の性の悩みの筆頭に挙げられているものが「早漏」です。

どのようにすれば射精までの時間を稼げるかなど、多くの男性雑誌などで特集されています。

つまり包茎と早漏は、切っても切れない相関関係があると言えます。

では、そもそも早漏とはどのような状態なのでしょうか。

更に早漏の原因として挙げられる、包茎との関係などを述べていきたいと思います。

そして、早漏を直す手段として包茎手術と矯正器具の使用を例に取り、そのメリット及びデメリットも併せて論じていきます。

早漏とは?

では、そもそも早漏とは、どのような状態のことなのでしょうか。

wikipediaでは以下のように記されています。

早漏(そうろう)とは、性交時の射精に至るまでの時間が本人の意思に反して過度に短くなることをいう。」

つまり、本人が我慢出来ずに脊髄反射的に射精してしまうことと考えれば分かり易いでしょう。

早漏の最も大きな原因は、ペニスが刺激に慣れていないことが挙げられます。

ペニスで最も感じる部分は、亀頭部分です。

その亀頭部分が普段から包皮に包まれているため、少しの刺激で射精してしまうのです。

地道に行くならオナニーで慣らしていくのが一番

では、そのような刺激に弱い亀頭をどのように鍛えていけば良いのでしょうか。

最も単純な方法は、オナニーで鍛えていくことです。

健康な男性なら、オナニーは日常的に行っていることでしょう。

その時にどのような刺激をしているか思い返して下さい。

多くの男性は、包皮を上下にスライドさせて刺激しているのではないでしょうか。

このオナニー方法を行っていると、徐々に包皮が伸びてしまいます。

そして更に包茎が悪化するという悪循環に陥ってしまいます。

では、包茎防止のためにはどのようなオナニー方法をすれば良いのでしょうか。

まず勃起したペニスの包皮を完全に剥き上げ、亀頭を露出させます。

そして亀頭にローションなどの潤滑剤を塗り、ゆっくり手の平で刺激します。

特にカリ首と呼ばれる、亀頭の根元の部分を鍛えましょう。

方法としては、包皮を完全に剥き上げます。

そして親指と人差し指でOKの形を作り、亀頭の先端から根元にかけてゆっくりと上下にスライドさせます。

その他、逆手でOKの形を作り、カリ首を握って左右に動かして刺激することも効果的です。

この方法であれば、包皮が伸びることはありません。

カリ首を鍛えることで、徐々に早漏が改善出来る可能性があります。

更に、注目すべき点があります

それは、「時間をかけてゆっくり行う」ことが重要です。

今一度、オナニーの状況を思い浮かべていただきたいです。

どのようなオナニーをしていますか。

恐らく多くの人がアダルト動画などの刺激的なもので、短時間で射精しているのではないでしょうか。

実は、このオナニー方法には大きな問題点が潜んでいます。

それは、条件反射としてペニスに刺激があれば射精をしなければならないと身体が覚えてしまう危険性があることです。

早漏を直すオナニー方法として、想像で勃起させ、ゆっくりとペニスを刺激することを心がけて下さい。

早漏の原因別改善方法

では、早漏の原因はどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、心の問題と、身体的な問題に分けて述べていきます。

■心因性早漏

特に、セックスに慣れていない若い人が多いと言われています。

性的刺激に対して必要以上に興奮してしまい、射精がコントロール出来ないことが原因です。

人によっては、挿入前に興奮のあまり射精してしまう場合もあります。

その他、ストレスでも早漏に陥ることがあります。

ストレスにより自律神経が乱れ、交感神経と副交感神経が交互に繰り返すスイッチが働かなくなります。

通常、セックスの時はリラックスさせる副交感神経が優位になっています。

しかし緊張を司る交感神経が優位のままの場合、勃起しにくくなる上、早漏になる場合があります。

■身体的原因

身体的な早漏の原因としては、大別すると「過敏性早漏」と「衰弱性早漏」の2つがあります。

この2つの早漏の特徴を述べていきます。

過敏性早漏は、包茎の方が起こしやすい早漏です。

その名の通り、刺激に過度に敏感なため、短時間で射精中枢が限界値を超えてしまうことが原因です。

しかし、この過敏性早漏は、経験を積むことによって克服出来るケースもあります。

もう一つの原因として、「衰弱性早漏」があります。

加齢などで射精管閉塞筋が衰えると、お漏らしのように精液が漏れ出てしまうことがあります。

特にデスクワークをしている中年以降の男性に多いと言われています。

では、以上の早漏をどのように改善していけばよいのでしょうか。

■心因性早漏の改善方法

この心因性は、「興奮しすぎること」が原因である場合が多いです。

そのため、単純にセックスの経験を積むことにより、徐々に克服出来る可能性があります。

人間の脳は同じ経験を繰り返すことにより、徐々に状況に慣れていきます。

前述の通り、若い人に多く身体的な性機能には問題がない場合がほとんどです。

■身体的原因の早漏改善方法

まず、過敏性早漏の克服方法はどのようにすれば良いでしょうか。

過敏性早漏は、亀頭が刺激に弱いことが原因です。

「地道に行くならオナニーで慣らしていくのが一番」でも述べましたが、オナニーの時に亀頭を鍛えましょう。

更に、アダルトビデオなどの刺激的なものを見て短時間でオナニーを行う癖がある人は治しましょう。

ペニスに刺激が加わると、条件反射的に射精する癖がついてしまいます。

そのため、妄想だけでゆっくりと時間をかけてオナニーをする訓練をしましょう。

過度な刺激をペニスに加えないようにすることが重要です。

更に、衰弱性早漏は、体を鍛えることによって克服できる可能性があります。

原因が包茎の場合の治し方

早漏の原因が包茎の場合、早漏を直すためにはどのような手段があるのでしょうか。

早漏は、亀頭が刺激に弱く、射精が我慢出来ない状態です。

殆どが包茎のため、普段から亀頭が包皮に包まれて外部の刺激から保護されていることが原因です。

そのため、刺激に慣らすためには、亀頭を強制的に外部に「剥き出し」にするという手段があります。

つまり、包茎手術です。

特に身体的な過敏性早漏の場合、包茎手術で刺激に慣れることにより克服出来る可能性が高いと言えます。

つまり、必ずしも包茎手術が早漏に有効とは言い切れないものの、克服出来るチャンスは有ります。

その他、矯正器具などで亀頭を外部に出すこも有効と言えます。

手術か包茎器具か

では、手術をするべきか、矯正器具を使用すべきか悩ましいことでしょう。

手術の利点は、包皮を物理的に切除するため、仮性包茎や真性包茎などに関わらず、確実に亀頭を露出することが出来ます。

しかし、費用が高額の上、術後の行動が制限されてしまいます。

一方、矯正器具では時間はかかるものの、誰にも知られずに包茎を直すことが出来ます。

ただし矯正器具に関して、注意すべき点が有ります。

器具の使用は、、あくまで自己責任であるという点です。

誤った使用をしてペニスを傷つけてしまう恐れがあります。

特に真性包茎の場合、仮性包茎より更にペニスは大変デリケートです。

器具を使用する場合は、「すぐに包茎を直そう」と焦って無理をしないように気をつけましょう。

包茎手術

包茎を直す最も確実な方法は、包茎手術であることは既に述べました。

しかし、包茎手術にも一長一短があります。

次の章では、包茎手術のメリット、デメリット及び、おススメのクリニックをご紹介致します。

包茎手術のメリット・デメリット

包茎手術のメリットは、まず確実に「包茎を治すことが出来る」ことが大きな利点です。

専門医の手術を受ければ、傷跡も最小限にとどめることが出来、自然に剥けた仕上がりになります。

更に、包茎を改善することにより、セックスに対して自信を持つことが出来ます。

完全に剥けたペニスをセックスパートナーに見せることだけでも、男性としての自信になるはずです。

身体的特徴の包茎の場合、亀頭が刺激に弱いことは既にお伝え致しました。

今まで包皮を被っていて刺激に弱かった亀頭も、包茎手術により外部の刺激に徐々に慣れていきます。

包茎手術より亀頭が刺激に慣れるにつれ、早漏が改善していく可能性があります。

更に、健康面でもメリットがあります。

包皮を被っていると恥垢がたまりやすくなり、ペニスが不衛生になりがちです。

そもそも雑菌は、湿った箇所を好む特性があります。

しかし亀頭が露出した状態になると、乾燥するため、雑菌などに感染しにくくなります。

では、逆に包茎手術のデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、費用が高額になります。

特に仮性包茎の場合、保険が適用されないため、実費での支払いになります。

更に、手術後の行動が制限されることが大きなデメリットと言えます。

物理的に包皮を切除するため、どうしても傷が出来ます。

つまり、怪我をしたことと同じ状態になります。

無論、体の自然治癒力で徐々に傷は治りますが、やはり時間はかかりますし、傷みもあります。

しかし、包茎の悩みから開放されるのであれば、手術を検討しても良いのではないでしょうか。

よいクリニックの見つけ方

良いクリニックを探すことは大変です。

インターネットには、膨大な情報がありますが、逆に選択しきれずに悩んでしまうのではないでしょうか。

良いクリニックには、自然と人が集まります。

そのため、まずは口コミを参考にしてみるのも良いでしょう。

無論、感想には個人差があります.

しかし、実際の体験したユーザの生の声は、クリニックの比較の時などに役に立つはずです。

次の章では、実際におススメのクリニックをご紹介致します。

評判もよく、腕も確かなクリニックを厳選しました。

クリニック選びの参考にしていただければ幸いです。

おススメ包茎手術クリニック4選

では、包茎手術を行う場合、おススメのクリニックをご紹介します。

■ABCクリニック

https://www.abc-clinic.com/

Anka(安価)、Anshin(安心)、Anzen(安全)の3つのAを掲げるクリニックです。

当クリニックの特徴は、仮性包茎の手術が30,000円(税抜)で治療が可能です。

通常は、この値段は真性包茎などの保険適用の値段です。

この価格で仮性包茎の手術が可能なことは、大きなコストメリットといえます。

1月に終了予定でしたが、大変な評判のために継続が決定しました。

■上野クリニック

https://www.ueno.co.jp/

「ひとつウエノ男」というキャッチフレーズで有名です。

タートルネックを口元まで隠した男性のコマーシャルでもご存知の方が多いのではないでしょうか。

「包茎手術=上野クリニック」という図式が成り立つほど、有名です。

■本田ヒルズクリニック

https://goo.gl/zC4Je0

当クリニックでは、「切らない手術」モットーにしています。

仮性包茎の場合、極力メスを入れない方法を検討します。

患者の負担を最大限減らすための努力をしています。

執刀の場合は、本田院長や、院長に腕を認められたプロフェッショナルの医師が担当します。

■東京ノーストクリニック

https://goo.gl/TZEwpy

開院30年記念を迎えるクリニックです。

未成年の場合に限り、金利なしで、最高24回の分割払い制度が利用出来ます。

現在、WEB予約で1万円割引を行っていますので、お得です。

包茎器具

包茎を完全に治すためには、やはり包茎手術が最も確実です。

しかし、どうしてもメスを入れることに抵抗がある人もいるでしょう。

そのような人にはどのような代替手段があるのでしょうか。

実は、包茎矯正グッズというものが出ています。

今回は、「キトー君」というグッズを紹介したいと思います。

キトー君

今回ご紹介する「キトー君」は、真性包茎を矯正するためのグッズです。

仮性包茎には使用出来ませんのでご注意下さい。

https://goo.gl/A324VL

使用方法としては、亀頭と包皮の隙間に入れて皮を伸ばします。

通常、グリップを握ると閉じる仕組みになっていますが、キトー君は違います。

逆にグリップを握ると開く仕組みになっています。

まず、最初にキトー君の先端部分を包皮の先端部分に入れていきます。

キトー君を挿入したら、ゆっくりとグリップを握りキトー君を広げます。

もし痛みがある場合は、すぐに使用を中止し、専門医に相談して下さい。

器具の使用は、あくまで自己責任となります。

無理に使用し、ペニスを傷つけないように気をつけて下さい。

まとめ

仮性包茎であれ、真性包茎であれ、包茎は多かれ少なかれ早漏の原因になっています。

仮性包茎の場合、オナニーなどで亀頭を鍛える方法がありますが、真性包茎に適用することは大変危険です。

そもそも真性包茎は勃起しても包皮が剥けません。

無理に剥くと根元を締め付けてうっ血してしまう危険性もあります。

そのため、真性包茎で早漏の場合は、まず真性包茎を治すことを念頭においてください。

包茎手術が最も効果的ですが、まずはキトー君で包皮をゆっくり広げてみることも手段の1つです。

既に申し上げていますが、もし痛みを感じたらすぐに使用を中止しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ