短小を大きくしたい場合、手術が最もいい選択肢なのか?

ペニスを大きくしたい、そう願っている男性は多いはずです。

そして、インターネットで調べるとペニスを大きくする方法として、手術に始まり、サプリメントやチントレなどいろいろな情報が飛び交い、びっくりしているかと思います。

そこで、今回はもっともポピュラーな手術を軸に他の方法との比較をします。

 

皮チン君
僕の短小ペニスもいろんな選択肢があって戸惑っているよ!
包茎博士
そんな声を大にしてアピールすることじゃないがのう(汗)

 

手術にもいろいろある

一言にペニスを大きくする手術と言っても、その内容は様々です。

主な種類だけでも整理してみましょう。

長くする?太くする?

実はペニスを“大きくする”手術には二種類があります。

一つは長さを長くするタイプの手術です。

多くのクリニックで長茎術と呼ばれているものです。

もう一つは太さをアップするタイプの手術です

特にカテゴリー名のようなものはありませんが、ヒアルロン酸などの薬剤注入がこのタイプに入ります。

また、いわゆる包茎手術も、邪魔な包皮が取り除かれることで亀頭の成長が期待でき、太くなる効果があるとされています。

切る?切らない?

もう一つ、ペニスにメスを入れて切るかどうかも手術の分類基準になるかと思います。

切らない手術の代表選手がヒアルロン酸などの薬剤注入です。

切らない手術の特徴としては手技にかかる時間が短い点で、ヒアルロン酸注入はものの数分で完了します。

長茎術にも切らないタイプがあり、こちらも五分ほどで終了させるクリニックもあります。

切る手術としては、切るタイプの長茎術や包茎手術があります。

切らないタイプのメリットは、切らないタイプより効果が大きい点です。

正確に言えば、実は切らない手術は効果が限定的です。

ヒアルロン酸注入は時間が経つにつれヒアルロン酸が身体に吸収され、効果が落ちていきます。

切らない長茎術は切る長茎術より、長くできる長さが短いです。

一回の手術時間という意味では、切らないタイプの方が良く見えますが、長い目で見ると切るタイプの方が良いと感じる方も多いでしょう。

ここでの説明を図にしてみました。

 

切る手術 切らない手術
太さアップ 切るタイプの包茎手術(副次的) ヒアルロン酸などの薬剤注入(時間制限付き)
切らないタイプの包茎手術(副次的)
長さアップ 切るタイプの長茎術 切らないタイプの長茎術
(切るタイプより伸ばせる長さが短い)

 

包茎博士
皮チン君は太さも長さもどちらも必要かもしれんのう

 

手術のデメリット

なにごとにも裏表があります。

というわけで、手術のメリットを見た後はデメリットも見ておきましょう。

高額

一番のデメリットは高額な点です。

基本的にはペニスを大きくする手術には保険が効きません。

そのため高いのが当たり前、という状況があります。

さらに、クリニックが切磋琢磨していく中で、より仕上がりの良い方法・より効果の高い方法が次々、編みだされています。

しかし、そういったクリニックの知恵と工夫が詰まった方法は、その分、高額になりがちです。

一回の手術で30万円~50万円近い値段になることもあります。

ちなみにですが、マイクロペニスと認められる方に関しては、一部の手術については、保険が適用されます。

マイクロペニスの定義は、日本人成人男性の場合、5cm以下となっています。

手術ミス

専門のクリニックにとってはごくありふれた手術で、先生たちも十分な経験を積んでいるはずです。

しかし、絶対にミスしないとは言い切れません。

たぶん飛行機が墜落する可能性と同じくらい低いと思いますが、手術ミスがあるかもしれない、ということは頭の片隅に置いておいた方が良いでしょう。

手術のメリット

手術についてイメージが掴めてきたところで、もう一歩踏み込んで、手術のメリット・デメリットについて見ていきたいと思います。

まずは、メリットから見ていきましょう。

確実

手術の一番のメリットは、(手術ミスがあればともかく)確実にペニスを大きくできる点です。

サプリメントやチントレは効果が出るまで何カ月~何年もかかってしまう、と言われています。

「それは時間がかかり過ぎだ」とか「それって、本当かな?効果がないって思いたくない人たちの言い訳じゃないの?」と思う方は、手術一択でしょう。

フォローも万全

クリニックの先生たちは厳しい国家試験をパスして医師免許を取った人たちです。

医師として患者であるみなさんの悩みに耳を傾け、より良い治療手段を選択し、対応してくれるはずです。

インターネット情報中心のサプリメントやチントレよりも信頼感・安心感共に大きいと言えます。

 

ムケチンさん
確実だけど、高い!というのが手術ってことだな!

 

 

どこで手術するのがベター?

包茎博士
どの都道府県にもクリニックはあるが、執刀数が多い全国展開しているクリニックがおススメじゃ。

ABCクリニック

まず紹介する全国展開しているクリニックは「ABCクリニック」

様々な術式に対応しており、もちろん長径手術(長径術)もカバーしています。

大都市近郊から地方都市周りまでかなり広い範囲を抑えています。まず

メリット

3つのA(Anka、Anshin、Anzen)をモットーに、カウンセリングからアフターフォローまで行っています。

包茎手術の際に執刀は院長が責任を持って行いますし、美容外科で多くの実績を残しているため、信頼出来ます。

オペ室の設備にも力を入れており、大病院のような充実した設備が自慢のクリニックです。

費用

現在、「3,30,3プロジェクト」というものを実施しています。

3日前までの予約をすると、30%安くなるというサービスで、あまり費用をかけたくない人などに好評のサービスです。

既に7,500人を超える利用者がいます。

来院3日前までに予約を行うと、安価になる手術もあるので、ぜひ

オプション料金が別途かかることは、基本ありませんし、無理に勧められることもないので安心です。

可能な手術の内容

ABCクリニックでは、下記の種類が用意されています。

  • 亀頭・陰茎増大手術
  • 長径手術術
  • 包茎治療
  • 早漏予防治療

亀頭・陰茎増大手術や長径術とともに包茎治療を受ける人も多いようです。

 

>>ABCクリニックの予約方法はこちら<<

 

上野クリニック仙台医院

タートルネックの男性の広告で知られていますおり、恐らく、日本で最も知られている包茎手術クリニックではないでしょうか

■メリット

「ひとつウエノ男」というキャッチフレーズで知られています。

特筆すべきは3段階麻酔法です。

手術時の痛みは、かなり気になるものです。

そのため、患者の体を考えた最先端の麻酔法は、大きな利点でしょう。

国内最大の手術実績があるため、信頼性も抜群です。

■費用

費用は以下の通りです。

  • ヒアルロン酸注入(早漏改善):120,000(1本)~600,000円(5本)
  • ヒアルロン酸注入(亀頭増大):180,000(1本)~900,000円(5本)

クレジットカード払いに対応しています。

■可能な手術の内容

上野クリニックでの亀頭増大方は先細りのペニスの亀頭にヒアルロン酸注入を注入する方法です。亀頭全体にまんべんなく注入することによって、先細りが改善し、視覚的にも見栄えが良くなることが期待できます。

 

>>上野クリニックの予約方法はこちら<<

 

本田ヒルズタワークリニック

本田ヒルズタワークリニックは、マスコミでも取り上げられた有名なクリニックです。日本で最も有名な包茎医師と言っても過言ではないでしょう。

元横綱の朝青龍の主治医を務めていたことも大きな話題となりました。

メリット

まず、実績豊富なのがあることが強みです。特に「切らない手術」に定評があります。

クリニックのコンセプトにしている増大手術や、無論、切る手術も選択可能です。

費用

費用については、症状によりますので一概には言えますが、参考まで一般的な手術の料金を記載します。

切らない手術費用は、以下の通りです。

  • 増大手術(ヒアルロン酸注入)
  • ランクA(永久に吸収されない)は、200,000円/1cc
  • ランクB(約3年で吸収)は、150,000円/1cc
  • ランクC(約半年で吸収)は、500,000円/1cc

やはり値段は高いですが、永久に吸収されないヒアルロン酸注入のランクAが良いでしょう。

切る手術は費用は、以下の通りです。

  • 亀頭直下埋没法は、300,000円
  • 環状切開法は、100,000円

可能な手術の内容

前述の通り、「切らない手術」に定評があります。

  • 長径・増大術
  • 包茎治療(仮性・真性・埋没・カントン・炎症性・老人性包茎)
  • 修正治療
  • 早漏治療
  • ED治療
  • コンジローム除去

 

>>本田ヒルズタワークリニックの予約方法はこちら<<

 

 

チントレやサプリについて

では最後に改めて他の方法と手術を比較してみたいと思います。

チントレと比べて

チントレと比べると手術は確実かつ速やかにペニスを大きくすることができる点で優れています。

ただし、チントレはほとんどお金がかからないので、費用面では圧倒的にチントレの方が優れていると言えます。

 

包茎博士
正直民間療法の域を脱しないので、本当に効果があるかどうかは疑問じゃな。気休め程度にはなるかもしれんがのお

 

増大サプリと比べて

もう一つよく見るペニス増大方であるサプリメントとの比較でも、効果の確実性と即効性の点で手術に軍配が上がるでしょう。

また、この手のサプリメントは一カ月分で1万円前後してしまいます。

そんな高価なサプリメントを三年飲むとすると、1万円×12カ月×3年=36万円で、手術代に届いてしまいます。

そう考えると、費用の面についてみても、サプリメントが優位とも言えません。

サプリメントの優位点は手軽さです。決められた時間に決められた数の錠剤を飲むだけですので簡単です。

 

おススメ増大サプリ

増大サプリを選ぶポイントは

  • シトルリン、アルギニンの量の多さ
  • カプセルのサイズ
  • 1日に飲むカプセルの量(カプセルの数)

の3つです。

シトルリンやアルギニンは以下のような効果があります。

  • シトルリン:血流を増大させる
  • アルギニン:ペニスの筋肉や細胞自体の成長を促す

1日に飲む量が多くなれば、それだけ効果の増大します。その意味でカプセルのサイズ(1カプセル辺りの配合量)と1日に飲むカプセルの量が重要なのです。

ヴォルスタービヨンド

1カプセル辺りの配合量は445mgでそれを1日3カプセルなので、計1335mgシトルリンとアルギニンを摂取することができます。

最大量を摂取できるという意味で最もおススメの増大サプリです。

1箱の値段は12,800円と若干高めですが、それだけの効果は期待できるということになります。

30日の返金保証もそうですが、送料無料というのもうれしいですね。

 

>>ヴォルスタービヨンドを見に行く

 

ブラビオン(Bravion)

Bravionもぜひおススメしたい増大サプリの1つです。

1粒に1000mgのシトルリンやアルギニンが入っており、総合量ではヴォルスタービヨンドには及ばないものの、1粒のインパクトはBravionの方が上です。そのためか、増大サプリの中で顧客満足度など3つの部門で1位を獲得しています。

価格は12800円とヴォルスタービヨンドと同程度ですが、3個購入すると1個付いてくるので、大量購入の際、かなりお得になります。

30日の返金保証もついており、メーカーに製品に対する自信がうかがえますね。

 

 

ペニブースト

ペニブーストはヴォルスタービヨンドやBravionなどに比べて、シトルリンやアルギニンの量は若干低めです。330mgを2粒、計660mgとなります。

そのためか、価格も他の2つに比べると8200円とやや抑えめです。ですので、まず増大サプリがどんなものか試しておきたい!という人におススメです。

しかも2本買えば、1本無料(3本買えば、1本無料)ですので、大量購入するとかなりお得に購入可能です。

とはいえ、660mgという量も他のサプリと比較すると多かったりもします(ヴィトックスαは350mg)ので、全体で見れば、中程度のランクに属する増大サプリです。

 

>>ペニブーストを見に行く

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ