短小ペニスの改善にヒアルロン酸は効果的?ほかの方法と比較

自分自身のペニスが短小ではないか、と悩んでいる人も多いようです。

トイレや銭湯で他人のペニスをチラ見した経験は、男性なら一度は有るはずです。

そもそも、短小かどうかはどのように判断すれば良いのでしょうか。

そしてもし短小であった場合、どのような克服方法があるのでしょうか。

そもそも自分自身のペニスが短小だと思っていても、ペニスの測定方法を間違えている可能性もあります。

ここでは、短小の基準や、短小を克服する方法を述べていきます。

特にヒアルロン酸の注入などについても併せて記述していきたいと思います。

 

皮チン君
あのプルプルしているのが入るのは確かに魅力的だなあ。
包茎博士
短小対策は他にもいろいろあるから、比較してみるのが一番いいぞい

 

まずあなたのペニスは短小ですか?

もし、あなたが短小で悩んでいるとします。

そもそも本当にあなたのペニスは短小なのでしょうか。

どのような根拠をもって短小であると思っているのでしょうか。

因みに、wikipediaには「短小」は以下のように定義されています。

「ホルモンバランスなどの影響で、陰茎が平均サイズより著しく小さい又は小さくなる病気である。

7cm未満の陰茎の場合に小陰茎と呼ばれる。患者の割合は成人男性のわずか約0.6%を占める。」

参考)https://goo.gl/9TU86T

自分自身で見るペニスは、上から見下ろすことが多いため、往々にして短く見えてしまうものです。

短小の基準は?

では、短小の基準は、どのようなものなのでしょうか。

前述したとおり、医学的には7cm未満のペニスがマイクロペニスや小陰茎症というカテゴリになります。

恐らく女性の膣の深さがだいたい7cm以上ということが理由と思われます。

1996年の「泌尿器科学会報」の研究結果によると、通常時は8.8cm、勃起時は12.9cmが平均とされています。

勃起時で13cmが平均と考えて良いでしょう。

一般的に、10cmを下回ると、膣の奥まで届かないため小さく感じる人が多いと言われています。

感じ方には個人差があるため、相手が短いと感じてしまえば短小という評価になってしまうでしょう。

そのため、ぎりぎり7cm以上あるからと安心は出来ません。

ペニスの測り方

まず、自分自身が短小であるかどうかを調べる必要があります。

そのためには実際にペニスの長さを計測することになるでしょう。

しかし、正確な方法で計測しているでしょうか。

医学的には、「恥骨からペニスの先端までがペニスの長さ」と定義されています。

定規をペニスの上部の恥骨に押し当て、測定する方法が正しいと言われています。

更に測定する際に気を付ける点がいくつかあります。

まず、正確な値を出すため、完全に勃起させてから図りましょう。

勃起のレベル、定規の当て具合などで数値が変化しますので、何度か測定して平均値を出すと良いでしょう。

 

皮チン君
僕は〇センチ
ムケチンさん
俺は1〇センチだったぜ!

 

残念ながら短小だった人が取りうる手段

では短小の人が、克服するためにどのような手段を取れば良いのでしょうか。

ここでは、サプリや手術など、様々な方法を述べていきたいと思います。

それらがどのような特徴があるのかなども述べていきます。

増大手術(ヒアルロン酸注入)

短小を克服する方法として、増大手術が有ります。

具体的には、ヒアルロン酸を注入する方法です。

そもそもヒアルロン酸とは、どのようなものなのでしょうか。

ヒアルロン酸は、細胞と細胞の間に多く存在し、水分の保持やクッションのような役割をしています。

その他、関節液、関節軟骨などに含まれ、関節の動きを良くする働きもしています。

このヒアルロン酸を亀頭に直接注入することで亀頭が一回り大きくなります。

亀頭が大きくなり、同時に張りや硬さも同時に増します。

特にカリ首に注入することにより、見た目的に大きくなり、性行為の感度が増します。

長茎手術

長茎術は、その名の通りペニスを長くする手術です。

方法は、無切開固定法(切らない長茎術)と靭帯剥離法(切る長茎術)の2種類があります。

無切開固定法は、靭帯を切らずに糸で前に出るように固定し、埋もれていたペニスを外に出す方法です。

この施術により、2cm~8cmの長茎効果が期待出来ます。

メリットとしては、傷が出来ない点や、費用が安いなどが挙げられます。

しかし残念なことに、デメリットも存在します。

糸で固定する手術方法ですので、糸が切れて施術効果が無くなる場合が有ります。

せっかく手術しても元に戻ってしまう危険性がある点に注意が必要でしょう。

では、靭帯剥離法はどのような手術なのでしょうか。

これはペニスと恥骨をくっつけている靭帯(ワナ靭帯)を切開して、埋もれているペニスを出す手術方法です。

埋もれているペニスを物理的に出すため、長茎効果は長く続くメリットが有ります。

しかしその反面デメリットとしては、切らない長茎術より値段が高いことが挙げられます。

増大サプリ

陰茎を自分自身で大きくする手段として、サプリの摂取があります。

特に外科手術も必要がないため、最も手軽と言えるでしょう。では、本当にサプリに宣伝効果にあるような増大が見込めるのでしょうか。

残念ながら、個人によると言わざるを得ません。

しかし、長期にわたって服用することにより、増大が見込める可能性は否定出来ません。

ただ、宣伝文句のような「ウマのようなペニス」などにはならないでしょう。

そもそも陰茎に血液が集まることで勃起が出来るようになります。

陰茎への血流量を増大させることにより、ペニスが太くなる期待は出来ます。

それぞれの比較

では、手術やサプリの方法で増大出来る可能性があることは既に述べました。

だた自分自身に合った手術方法を選択することは容易ではないでしょう。

それぞれの方法には、一長一短があります。

そのため、どのような手術を選択すればよいか悩む人も多いかもしれません。

ここでは、増大手術や長茎術、そしてサプリの3つに絞って述べていきたいと思います。

増大手術 vs 長茎手術

そもそも増大手術と長茎手術は、どのような違いがあるのでしょうか。

増大手術は、主に亀頭増大手術が有ります。

セックスパートナーを満足させるためには、亀頭の大きさが重要です。

特に、亀頭のカリ首の張り出した「カリ高ペニス」が理想と言われています。

増大手術には一般的に、ヒアルロン酸もしくはアクアミドを注入することが多いです。

しかしヒアルロン酸は元々身体に存在しているため、日が経つにつれ体内に吸収されてしまいます。

その点アクアミドは、ヒアルロン酸と違い体内に吸収されにくいので、半永久的な亀頭増大効果が期待出来ます。

更にランクが上位のバイオアルカミドもあります。

こちらは、アクアミドよりも更に硬い材質を使用しているため亀頭の硬さ、亀頭の増大力共に最高峰です。

ただその分、値段が高価になります。

長茎手術は、ペニスの長さを長くする手術になります。

因みにこの長茎手術には、無切開固定法(切除しない長茎術)と靭帯剥離法(切除する長茎術)があるのは既に述べた通りです。

切除する手術の場合、引っ張られる様な違和感や勃起時の痛み、陰茎付け根の腫れが予想されます。

更に長茎手術は、平常時の長さを長くするものであり、勃起時の長さが長くなるわけではないので注意が必要です。

そのため、それぞれ一長一短があります。

増大手術 vs 増大サプリ

では増大手術と増大サプリは、どちらが良いのでしょうか。

確実に増大を望むのであれば、手術が確実でしょう。

しかし、手術は術後の行動が制限される可能性が高いと言えます。

手術は体に負担をかける行為です。

そのため、術後の経過を見て安静にしなければならない可能性があります。

特に肉体労働などをしている人によっては、安静に出来る期間は休日などに限られてしまうでしょう。

つまり、「体に負担がかかり、日常生活にしばらくの間支障が出る可能性がある」と言えます。

その点、増大サプリは、気軽に始めることが出来る利点があります。

しかし、長期間服用し続けなければ効果が期待出来ないことと、必ずしも効果が出てくるとは限らない懸念点があります。

まずは増大サプリなどで試してみると良いかもしれません。

おススメのクリニック

では、増大手術としておすすめのクリニックはあるのでしょうか。

もし手術を希望するのであれば、上野クリニックが良いでしょう。

スタッフは全て男性で、24時間365日の電話受付も行っています。

クレジットカードでの支払いや各種ローンも取り扱っています。

因みに、上野クリニックのヒアルロン酸注入の料金は以下の通りです。

粒子が大きく、ゲル濃度が濃くなるにつれ値段が上がります。

ヒアルロン酸

種類 値段
タイプⅠ 粒子(小:289.3) ゲル(濃度15.5ml) 120,000円(1本)~600,000円(5本)
タイプⅡ 粒子(中:581.6) ゲル(濃度23.5ml) 50,000円(1本)~750,000円(5本)
タイプⅢ 粒子(大:909.7) ゲル(濃度28.5ml) 180,000円(1本)~900,000円(5本)

 

>>上野クリニックの予約方法はこちら<<

 

 

おススメ増大サプリ

増大サプリを選ぶポイントは

  • シトルリン、アルギニンの量の多さ
  • カプセルのサイズ
  • 1日に飲むカプセルの量(カプセルの数)

の3つです。

シトルリンやアルギニンは以下のような効果があります。

  • シトルリン:血流を増大させる
  • アルギニン:ペニスの筋肉や細胞自体の成長を促す

1日に飲む量が多くなれば、それだけ効果の増大します。その意味でカプセルのサイズ(1カプセル辺りの配合量)と1日に飲むカプセルの量が重要なのです。

ヴォルスタービヨンド

1カプセル辺りの配合量は445mgでそれを1日3カプセルなので、計1335mgシトルリンとアルギニンを摂取することができます。

最大量を摂取できるという意味で最もおススメの増大サプリです。

1箱の値段は12,800円と若干高めですが、それだけの効果は期待できるということになります。

30日の返金保証もそうですが、送料無料というのもうれしいですね。

 

>>ヴォルスタービヨンドを見に行く

 

ブラビオン(Bravion)

Bravionもぜひおススメしたい増大サプリの1つです。

1粒に1000mgのシトルリンやアルギニンが入っており、総合量ではヴォルスタービヨンドには及ばないものの、1粒のインパクトはBravionの方が上です。そのためか、増大サプリの中で顧客満足度など3つの部門で1位を獲得しています。

価格は12800円とヴォルスタービヨンドと同程度ですが、3個購入すると1個付いてくるので、大量購入の際、かなりお得になります。

30日の返金保証もついており、メーカーに製品に対する自信がうかがえますね。

 

 

ペニブースト

ペニブーストはヴォルスタービヨンドやBravionなどに比べて、シトルリンやアルギニンの量は若干低めです。330mgを2粒、計660mgとなります。

そのためか、価格も他の2つに比べると8200円とやや抑えめです。ですので、まず増大サプリがどんなものか試しておきたい!という人におススメです。

しかも2本買えば、1本無料(3本買えば、1本無料)ですので、大量購入するとかなりお得に購入可能です。

とはいえ、660mgという量も他のサプリと比較すると多かったりもします(ヴィトックスαは350mg)ので、全体で見れば、中程度のランクに属する増大サプリです。

 

>>ペニブーストを見に行く

まとめ

まずは自分のペニスが本当に短小であるかを確認しましょう。

真上から見下ろした場合、往々にして短く見えてしまいます。

鏡などでペニスを横から映して確認してみることも良いです。

トイレなどで他人のペニスを見る場合、殆どが横から見るはずです。

そのため、実際の長さが見えています。

もし短小の悩みを克服したいのであれば、やはり手術が確実です。

亀頭を逞しくしたい場合は亀頭増大手術が向いています。

勃起時の長さよりむしろ、平常時の長さを長くしたいという場合は、長茎手術が良いでしょう。

銭湯などで男性同士、相手のペニスを見る時は当然、平常時ですので平常時が大きくなれば自信につながるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ