貴方の短小の原因は肥満?痩せられない場合に対処法はないの?

自分のペニスが短いと悩んでいる人も多いでしょう。

更に突き出た腹に余計にペニスがめり込んでいて、ほとんど見えない人もいます。

短小の原因として、「肥満」というキーワードが出てきます。

では、短小と肥満の因果関係がどのようなものなのでしょうか。

言葉は悪いですが、やはり世間では「デブ=粗チン」という図式が成り立ってしまっています。

では、肥満と短小に因果関係は有るのでしょうか。

ここでは肥満をキーワードに、短小の問題を述べていきたいと思います。

肥満と短小の関係性

そもそも、肥満と短小に明確な因果関係があるのでしょうか。

そもそも「太っている人はペニスが小さい」のではありません。

本当は、「太るとペニスが小さくなる」が正解と言えます。

メタボリックシンドロームによりペニスへの血流が滞り、成長ホルモンが分泌されにくくなってしまいます。

ニワトリが先か、卵が先かの話になりますが、ペニスの大きさより肥満の問題解決が先です。

自分のペニスが短いと悩んでいる人は、今一度自分自身の体型を見直してみましょう。

下腹部の余分な脂肪が取れ、肥満が解消されれば、本来の長さに戻る可能性は高いと言えます。

手術はその後から考えても遅くはないでしょう。

なぜ肥満だと短小になるのか

では、なぜ太るとペニスが小さくなるのでしょうか。

メタボリックシンドロームの進行により、血流不良によるペニスの退化が考えられます。

血液がドロドロになり、成長ホルモンなどがペニスに行き渡らなくなくなります。

その他、下腹部にペニスが埋もれることで実際より短く見えてしまいます。

長さは平均的にあるにもかかわらず、太っている人のが短く見えてしまう原因にもなります。

更に、肥満は糖尿病などの生活習慣病を招きます。

この糖尿病は、EDを引き起こす引き金になります。

つまり糖尿病は男性の生殖機能にとって大敵と言えます。

因みに、短小と糖尿病の相関関係に関する記述がありましたので、ご紹介いたします。

「糖尿病を患うと、EDやペニスを萎縮させてしまうことになることが、最近になって分かりました。」

参考)https://goo.gl/qmmkgh

肥満以外の要因

では、肥満以外の要因で短小になることはあるのでしょうか。

まず、短小の人は、包茎である可能性が高いと言えます。

包茎により包皮が常時亀頭を覆っているため、亀頭の成長が阻害される危険性があります。

無論、安易に「包茎=短小」と考えることは出来ません。

包茎でもペニスが大きい人がいるためです。

しかし、包皮がかぶっていることにより亀頭の発達が遅れる可能性は否定出来ません。

つまり肥満に加え、包茎であることも短小になる原因の一部と考えられます。

まず自分の短小の原因を明確にしよう

 

そもそもペニスの上部には「ワナ靭帯」と呼ばれるものがあります。

そのワナ靭帯が縮んでいると、ペニス自体も小さく見えてしまいます。

埋没包茎の場合、ワナ靭帯を伸ばして引張り出してあげることによりペニスが出てくる可能性があります。

その他、健康診断などでメタボリックシンドロームなどと判定を受けた人は、適正体重まで落としましょう。

それだけで埋没包茎が解消される可能性も十分に考えられます。

まずは、もともとペニスが短いのか、それとも埋没しているのかを判断しましょう。

そもそも既に述べた通り、肥満で短小なのは理由があります。

下腹部の脂肪に、ペニスが埋もれてしまうからです。

まずは体重を落とすことから考えましょう。

肥満短小の対処法

では、肥満が原因で短小になっている人はどのようにすれば良いでしょうか。

下腹部があまりにも出っ張っているため、自分自身のペニスさえ見ることが出来ない人がいます。

自分のペニスが見えないため、用を足すときに手探りで自分のペニスを探すそうです。

肥満短小と言っても、単に体型がペニスを隠している場合とペニスが退化している2通りが考えられます。

体型がペニスを隠しているのであれば、痩せるだけで問題は解決します。

しかしペニスの成長が阻害され、退化している場合は問題です。

この場合は、外科手術を受ける必要が出てきます。

まずはダイエットをし、それでも解決しないのであれば手術を検討しても遅くはないでしょう。

まずは痩せよう

まずはダイエットや適度な運動で適正体重まで落とすことが肝要です。

前述の通り、肥満が短小の原因になっていることは多いです。

下腹部の贅肉を落とすことにより、今まで腹に埋もれていたペニスが外部に出てくる可能性があります。

もし贅肉を落としても埋没したままであれば、その時に手術を考えても遅くはありません。

適切な運動と、バランスの良い食事により、適正体重に近づけることは可能です。

埋没包茎で悩んでいる人は、今一度自分自身の体重と食生活を見直して下さい。

もともとペニスは痩せている人でも体内に通常30%程度の長さが隠れていると言われています。

肥満体系の人が、痩せている人よりも更にペニスが短く見えることは当然と言えます。

どうしても痩せれないけど、何とかしたい

短小を治す効果的な方法は、痩せることであることは既に述べた通りです。

しかし、分かってはいるものの、なかなか実践に移せない人も多いでしょう。

では痩せる以外に、短小を治す方法は有るのでしょうか。

ここでは、サプリの摂取と手術に分けて述べていきたいと思います。

増大サプリ

巷には、増大サプリというものがあります。

飲むだけで男性器が大きくなるといったサプリメントです。

現在、世間には数多く出回っています。

「馬並みのペニスに!」、「大きくなりすぎてクレーム!」などと宣伝文句が並んでいます。

増大サプリで注目する成分として「シトルリン」があります。

これは、スイカに含まれるアミノ酸のひとつで、血管拡張作用があります。

注目を浴びている成分なので、ご存知の方も多いかもしれません。

では、その中でもお勧めのサプリメントを紹介したいと思います。

増大サプリおススメ

増大サプリは、シトルリンが多く含まれているものを選択して下さい。

シトルリンの含有量が多いほど、増大効果が上がると考えて下さい。

■ヴォルスタービヨンド

とにかく成分をぎゅっと詰め込んでいます。

確かに、1.2倍ほどは他のサプリメントよりも大きさがあります。

男性サプリ業界で史上初「3冠」を達成しました。

「効果を実感」、「効果に満足」、「リピートしたい」と多くの人に支持されています。

https://goo.gl/d4nQgb

■ブラビオン

L-シトルリン・L-アルギニンが1粒にそれぞれ何と1000mg配合されています。

シトルリンもアルギニンも、ペニス増大に欠かせない成分です。

まずはサプリメントで試してみてはいかがでしょうか。

https://goo.gl/xFFV6N

手術

肥満が短小の原因になっていることは、既に述べたとおりです。

メタボリックシンドロームを解消することは最優先事項です。

しかし、もともとペニスが短い人もいます。

そのような人には、外科手術が有効です。

以下が代表的な手術になります。

長茎手術

長茎術は、体内に埋まっているペニスを引っ張り出す手術です。

この手術を受けることにより、平常時で2センチから5センチほどペニスが長くなります。

もともと埋没しているを外に出すため、埋まっている部分が少ない場合は、脂肪吸引を行います。

このことにより、見た目のが長くなります。

注意点として、あくまで「平常時」のの長さが長くなることです。

勃起時ではありませんので、ご注意下さい。

増大手術

増大手術には2種類あります。

亀頭増大と増大です。

亀頭増大は、その名の通り亀頭を大きくすることが目的です。

それに対し増大は、ヒアルロン酸や自分自身の脂肪を注入することでペニスを太くする手術です。

どちらを受けるべきかは、本人の希望によるでしょう。

一般に、まず他人の目に映るのは亀頭ではないでしょうか。

亀頭に皮が被っているか、亀頭の大きさはどうかなどをチェックすることが多いと思います。

包茎手術

短小は、包茎であることが多いです。

常時包皮が亀頭を覆っているため、刺激に弱く未発達になる可能性があります。

そのため、包皮を物理的に切除することにより外部の刺激に慣れ、亀頭の成長が促進される期待が出来ます。

5-3、おススメのメンズクリニック

■ABCクリニック

当クリニックには、包茎手術は無論、長茎術及び増大手術もあります。

手術内容 種類 価格
亀頭及び増大術 吸収タイプ 40,000円
定着タイプS 75,000円
定着タイプSS 125,000円

 

手術内容 種類 価格
長茎術 切らない術式 150,000円
埋没部露出術 300,000円

■上野クリニック
「ひとつウエノ男」というキャッチフレーズが有名です。
当クリニックでも、ヒアルロン酸の注入による増大手術を行っています。
3種類のヒアルロン酸があります。

ヒアルロン酸注入 料金
タイプ Ⅰ ¥120,000(1本)~¥600,000(5本)
タイプ Ⅱ ¥150,000(1本)~¥750,000(5本)
タイプ Ⅲ ¥180,000(1本)~¥900,000(5本)

■本田ヒルズタワークリニック

朝青龍の件で有名なクリニックです。

当クリニックの特賞は、「切らない手術」と言えます。

なるべく患者の負担を減らすべく、日夜努力しているクリニックです。

長茎術は、身体の中に埋もれている部分を引き出すことで埋没包茎を治療します。

増大手術は、コラーゲンをカリの部分に注入することにより、亀頭を大きく固くします。

患者一人一人の状態を見極めてから価格設定を行うというスタンスです。

まとめ

短小になる原因は、やはりメタボリックシンドロームなどの肥満が大きな原因と言えます。

そのため、まずは手術を検討する前に、ダイエットをして下腹部の贅肉を落としましょう。

毎日意識的に歩くだけでもカロリーは消費出来ます。

少しづつでも良いので、運動をして脂肪を落として下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ