【必見】短小・早漏が喜ばれる世界が存在するらしい

短小や早漏は、男性にとって悩みの種である反面、女性にとってもつらいものです。

そのため、様々に早漏や短小を克服するグッズや方法がインターネットにあふれているのでしょう。

男性にとっても女性にとっても早漏や短小は敵であるはずです。

しかし、必ずしもそのように言い切れないことが世の中の不思議なところではあります。

何と、一部には早漏や短小を歓迎する女性も存在します。

通常は、敬遠されるはずの早漏や短小を歓迎する一部の女性の紹介と、克服する手段を述べていきたいと思います。

短小・早漏って普通は嫌がられるよね・・・

短小や早漏は、前述の通り、男性の性の悩みでも上位に位置づけされるものです。

過去のセックスの失敗により、トラウマになってしまう男性も少なからず存在します。

「もう終わり?」などと言われて、男性のプライドはボロボロになってしまいます。

女性が快感に達する前に男性が果ててしまうため、女性側には不満が残ってしまいます。

通常は、短小や早漏は嫌がられる存在と言えます。

長くゆっくりセックスを楽しむことが、愛情を確かめ合う行為と言えます。

そのため挿入しても全く気持ちよくない短くて小さなペニスや、挿入したとほぼ同時に射精する早漏は大敵です。

短小って?

短小とはどのような状態をさすのでしょうか。

wikipediaには、次の様な記述があります。

7cm未満の陰茎の場合に小陰茎と呼ばれる。」

参照)https://goo.gl/9TU86T

つまり、ペニスが短いことを短小といいます。

では、短小によりどのような弊害があるのでしょうか。

まず、女性との性行為の時に相手に快感を与えづらくなります。

女性が感じる「Gスポット」と呼ばれる部分に届かないことが原因です。

結果的に女性が快感を得ることなく、男性側が射精してしまい、お互いに気まずくなる危険性もあります。

早漏って?

早漏は、早く射精してしまうことです。

wikipediaには、次のように記載されています。

性交の際にパートナーが性的に満足しないうちに男性が射精してしまう」ことである。

より具体的には「膣内に挿入後30秒間射精を我慢できない状態」とも、「1分または3分」とも言われる。」

https://goo.gl/SbZLH

これは、セックスパートナーが満足するかどうかと言ったことが主な判断基準になるようです。

因みに、医学的に「早漏」は第103回米国泌尿器科学会(AUA)の年次総会(2008年5月)では次のように定義されています。

「男性における性機能障害で、性行為時、毎回または、ほぼ毎回、女性器への男性器挿入後1分以内に射精してしまう、

もしくは挿入前に射精してしまうこと。

射精をコントロールできないことによるストレス、悩み、いらいらなど精神的な負担を感じていること。

あるいは、性行為自体を避けていること。」

上記が、現在の早漏のコンセンサスとなっています。

短小・早漏を喜んでくれる人がいる!

しかし、世の中には男性の短小や早漏を歓迎する女性もいます。

では、どのような人なのでしょうか。

それは、風俗関連に携わる風俗嬢の方達です。

彼女達は、1日に何人も相手にする必要があります。

そのために、正直1人にそれほど時間をかけたくないという思いが本音でしょう。

風俗嬢によっては、遅漏の客の場合、肛門に指を入れて前立腺を刺激し、射精を促すこともしているようです。

そのため世の中で早漏を歓迎する人たちは、風俗嬢であると思われます。

体験談などを読むと、「なかなかイッてくれない遅漏の客で疲れた」などと風俗嬢の愚痴などが良く掲載されています。

風俗嬢として、最も無念なことは、射精させてあげられないことだそうです。

ローションを使ってみても、おもちゃなどを使用しても射精させることが出来ず、風俗嬢として落ち込んだそうです。

参考)https://goo.gl/XTQp2T

一方で普通の女性の反応は?

風俗関係の女性は、短小や早漏を嫌がりません。

時間内に相手を射精させなければならないこともあり、些か特殊ともいえます。

しかし一般の女性の場合は異なります。

そもそも性行為は、相手とのコミュニケーションの一種でもあります。

ゆっくりと前戯を行い、お互いが高ぶって来て絶頂に達した時に射精が最も理想的でしょう。

しかし、それまで亀頭が刺激に耐えられない場合や、興奮しすぎて達してしまうことがあります。

そのため、「もう終わり?」と女性側には不満が残ります。

この「もう終わり?」という言葉は、男性にとって怖いものです。

同時に、男性には大変気まずいものでもあります。

女性側も、面と向かって不満を言いづらいものです。

つまり、お互いが気まずい状態になると言えます。

やっぱり短小・早漏は治したい

風俗関連の人は、短小や包茎を歓迎してくれることが多い可能性はあります。

しかし、たとえお世辞でも女性に「大きい」と言われたいことが男性としての本音ではないでしょか。

インターネットの悩み相談でも、短小や早漏の悩みがかなり多いことから、悩んでいる人も多いと思われます。

中には包茎・短小・早漏の三拍子揃っている人もいて、その悩みは深刻のようです。

ここでは、短小や早漏の原因について述べていきたいと思います。

短小の原因

短小になる原因としては、さまざまな要因が考えられます。

■包茎

特に真性包茎は、短小になりやすいと言われています。

真性包茎は、そもそも平常時、勃起時を問わず、包皮が剥けない状態のペニスです。

そのため、ペニスの成長を包皮が阻害してしまう危険性が高いと言えます。

無論、包茎と短小の因果関係が医学的に完全に証明されたわけではないため、真偽は不明です。

通常は、思春期の頃から徐々に包皮を剥いて刺激に慣れさせる人が多いと思われます。

しかし真性包茎の場合は、そのような経験がない人が多数なはずです。

そのため短小だけでなく、ペニスが不衛生になりやすく、さまざまな病気も誘発する危険性があります。

■生活スタイル

特に、食生活が重要といわれています。

成長期に栄養のある食事をきちんと取ることにより、男性ホルモンを分泌させることが重要です。

この時期は、男子が「大人の男」へと成長していく大切な「準備期間」と言えます。

その準備期間に多くの栄養を取り、適度な運動をすることは、ホルモン分泌に欠かせない要素といえます。

万一、栄養バランスが偏っている場合、男性ホルモンは分泌されにくくなるため注意が必要です。

■加齢

年齢が上がることにより、ペニスのサイズが小さくなることがあります。

そもそも勃起は、ペニスに血流が集まり、硬くなることで生じる現象です。

血流が年齢とともに悪くなり、その結果ペニスが縮んでしまうことがあります。

■メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームも、短小を引き起こす危険性があります。

突き出た腹にペニスが埋もれてしまう「埋没包茎」があります。

実際は短くないにもかかわらず、埋もれているために実際より短く見えてしまいます。

このことにより、ペニスの成長を阻害されてしまいます。

健康診断などで太りすぎを指摘された人は、まずは適正体重まで落としましょう。

それだけで短小が解決出来ることがあります。

早漏の原因

早漏の原因としては、肉体的な原因と、精神的な原因に分けられます。

肉体的な原因としては、単純に亀頭が外部の刺激に弱く、射精が我慢出来ないことが原因です。

この場合は、回数をこなすなどで経験を増やすことで克服できる可能性はあります。

その他、包茎手術などで常時亀頭を強制的に外部に出すという手段で克服する手段もあります。

精神的な原因としての早漏は、「興奮しすぎる」ことがあげられます。

セックス自体の経験値が高くない初心者が陥ることが多いです。

特に、包茎で物理的に刺激が弱い上に、精神的に興奮しすぎるという要素が重なることが原因と考えられます。

短小・早漏を自分でなんとかしたい

 

包茎や早漏を自分自身で治したいと思っている人は多いでしょう。

短小も包茎も、特に他人に知られたくない男性のコンプレックスと言えます。

しかし、どうすればよいか分からない場合も多いのではないでしょうか。

女性との性行為の時は無論、同じ男性同士でも出張やゴルフ接待などで裸になる機会は多々あります。

世間には、包茎強制グッズなどが多く販売されています。

包皮を剥いてリングにペニスを通して穿く下着や、矯正リングなど、インターネットにはさまざまなグッズがあります。

しかし、気を付けていただきたいことは、これらの商品の使用は全て「自己責任」になるという点です。

間違った使い方をしたためにペニスを傷つけてしまう危険性も否定出来ません。

そのためこれらのグッズを使用する際は、細心の注意を払い、異常を感じたらすぐに器具の使用を中止して下さい。

包茎クリニック

では、短小や包茎を克服する効果的な手段には、どのようなものがあるのでしょうか。

やはり、クリニックなどの専門医に相談することが最も効果的であると思われます。

包茎クリニックは、数多くの包茎で悩む患者を診ています。

そのため、同じような悩みを抱えた人に適切なアドバイスや治療をしてくれるはずです。

ここでは包茎クリニックについて、選択方法や、おすすめのクリニックなどをご紹介してきたいと思います。

選び方

殆どのクリニックが医師や看護師、電話応対スタッフも男性のみで構成されています。

しかしまれに女性が電話に出ることがあるようです。

まずは「全員男性」であるかということを確認すると良いでしょう。やはり、「男性」のみで構成されているクリニックが、同じ男性として安心できるはずです。

さらに、自宅から近いことも考慮に入れましょう。

もし包茎手術などの体にメスを入れる手術を行った場合、体への負担は想像以上です。

徒歩圏内にクリニックがある場合が最適です。

タクシーで帰宅してもそれほど金銭的に負担にならない距離のクリニックを選択すると良いでしょう。

おススメのクリニック4選

包茎手術クリニックは、かなりの数が存在します。

それらの中から自分自身に合うクリニックを探すのは大変であると思われます。

この章では、特におすすめのクリニックを4つご紹介いたします。

いずれも、実績や評判という点で自信を持っておすすめ出来るクリニックです。

■ABCクリニック

https://www.abc-clinic.com/

Anka(安価)、Anshin(安心)、Anzen(安全)の3つのAがモットーのクリニックです。

仮性包茎であれば、手術が30,000円(税抜)で治療が可能です。

通常であれば、かなり高い包茎手術をこの値段で受けられるのは、大変良心的でしょう。

手術方法は、ABC式CSカットと、Sカットの2つから選択可能です。

CSカットは、従来の方式で亀頭専用のカバーを装着して包皮を切除します。

Sカットは、熟練した医師が手作業で包皮を切除する方式です。

見た目の良さは、断然Sカットになります。

そのため、Sカットをおすすめします。

■上野クリニック

https://www.ueno.co.jp/

「ひとつウエノ男」という宣伝で有名です。

タートルネックで口元を隠した男性のコマーシャルで知っている人も多いのではないでしょうか。

全国で全てを合わせると14拠点、関東で5拠点あります。

包茎手術の場合、環状切開術による手術方式になります。

短小で悩む人には、ヒアルロン酸注入などがあります。

クレジットカード払い及び医療ローンの取り扱いもあります。

手術内容 費用
包茎手術(ナイロン糸使用) 72,000円(税抜)
包茎手術(吸収糸使用) 100,000円(税抜)
ヒアルロン酸注入(早漏改善) 120,000(1本)~600,000円(5本)
ヒアルロン酸注入(亀頭増大) 180,000(1本)~900,000円(5本)

■本田ヒルズクリニック

https://goo.gl/zC4Je0

切らずに包茎を治すことをモットーにしているクリニックです。

料金はホームページに記載はなく、カウンセリングでの相談で決定される形式をとっています。

まずは、患者のペニスの状態を見てから適切な値段を決めるとのことです。

料金が高くなる場合もあるでしょう。

しかし、本田院長や、院長に腕を認められた数人の医師が執刀するので信頼出来ます。

■東京ノーストクリニック

https://goo.gl/TZEwpy

開院30年記念のクリニックです。

このクリニックの特徴として、未成年者お支払優待制度やシニア優待制度を行っている点です。

未成年に限り、金利なし、最高24回の分割払い制度を利用することが可能です。

その他、シニア優待制度もあります。

「男の悩みに年齢は関係ない」を合言葉にシニアの人が安心して相談出来る環境を整えています。

増大サプリは?

手術に抵抗がある場合や、他人にペニスを見られるのが嫌な場合もあるでしょう。

では、どのような短小・早漏改善方法があるのでしょうか。

そのような場合、サプリメントを摂取する方法があります。

世の中には、数多くのサプリメントが販売されています。

その中でも特に評判が良く、おすすめのサプリメントをご紹介致します。

■ヴィトックスα

http://www.menlabo.com/item/vitoxb/

定期購入は受け付けておらず、その都度自分自身で購入する必要があります。

一見面倒ですが、勝手に商品が毎月送られてくることがないため信頼出来ます。

効果がなかったという残念な人がいる一方で、1ヶ月試してみて、長さ+3.2cm太さ+0.3cmになった人もいます。

人によって効果がまちまちであるようですが、かなり増大した人もいますので試してみる価値はあるでしょう。

まとめ

概して風俗嬢は、短小や包茎を歓迎するようです。

彼女達は、何人も相手をしなければならず、客を射精まで導かなければなりません。

そのため、概して遅漏は嫌がられる傾向があります。

一般の女性とかなり異なるところが興味深いでしょう。

そのため、短小や早漏で悩んでいる人は、風俗嬢を相手にまずテクニックなどを磨くことも一つの方法といえるかも知れません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ