上野クリニックの予約手順、来院、手術、アフターケアまでを紹介

包茎手術を受けようと思っていていも、なかなか決断出来ない人もいるでしょう。

それは無論、金額の問題であったり、痛みに対する不安であったりとさまざまなことだと思われます。

クリニックに電話をして相談すること自体、勇気がいることです。

なぜなら自分のコンプレックスを他人に話すことは容易でないからです。

今回は、上野クリニックをもとに、予約の手順の方法や来院までの流れなどをまとめたいと思います。

包茎手術までの流れが分かることにより、どのような行動をとれば良いか分かるでしょう。

オンラインで予約を取る

①まず公式サイトにアクセスします

 

>>上野クリニックの公式サイトはこちら<<

 

 

 

②来社して相談する場合は、青枠の【無料カウンセリング予約】、メールで相談する場合は、赤枠の【無料メール相談】、をクリっクします。

 

③無料カウンセリングを希望する場合、【無料カウンセリング予約】をクリックすると以下が表示されます。

包茎治療か、性病の治療なのかなどが診察項目に有りますので、ここで選択します。

【症状】の個所にも記載されていますが、質問事項は無料メール相談に記載して下さい。

この箇所は、包茎などの気になる症状について記載する個所となります。

例えば、包茎で恥垢が溜まりやすくて悩んでいる、早漏で悩んでいるなどの「気になること」を記載します。

包茎治療はどのように行われるのか、料金はいくらになるのかなどの質問事項は、【無料メール相談】に記載して下さい。

 

④無料メール相談は、前述の通り、包茎治療はどのように行われるのかなどの質問事項を記載します。

フォームの内容をご覧いただければ分かる通り、この箇所には日時予約の個所は有りません。

純粋に、いま疑問に思っていることを相談する個所となります。

ただ相談内容が500文字までとなりますので、本当に相談したい内容を吟味して分かりやすいようにまとめて下さい。

 

⑤無料カウンセリングを希望する場合、自宅の最寄りのクリニックを選択しましょう。

ホームページ右下に、日本地図が記載されています。

最寄りのクリニックをクリニックすると、クリニックの詳細が表示されます。

今回は、新宿を例に見てみましょう。

クリニックの住所は無論、建物の外観や処置室の様子も写真付きで記載されています。

現在はスマートホンが普及しているためPCページでも問題は無いと思いますが、携帯サイトもあります。

やはり、写真で建物の様子などが載っていると、便利でしょう。

大きく「上野クリニック」と窓などに表示されている場合もありますが、そうでない場合もあります。

クリニックによって違いがあるため、注意が必要です。

しかし、殆どのクリニックが駅から近いため、それほど迷うことはないでしょう。

⑥無料カウンセリングを希望する場合、事前にカウンセリング予約が必要です。

今回は、包茎治療について例を述べていきたいと思います。

まず、自分の包茎の種類を選択しましょう。

因みに、包茎の種類と特徴は以下の通りです。

■仮性包茎

包皮を反転させることが出来るため、本来は治療の対象とはされていません。

仮性包茎は包皮を剥いてきれいに洗い恥垢を洗い流せば問題ないと判断されています。

日本人の約6割~7割が、程度の差はあれ、この仮性包茎と言われています。

しかし、常時包皮が亀頭を覆っていることには変わりありません。

そのため刺激に弱く、早漏の原因にもなります。

殆どのクリニックの患者が、この仮性包茎です。

最も母体数が多く、最も手術実績があると考えて間違いありません。

■真性包茎

真性包茎とは、平常時および勃起時に包皮が剥けない状態を指します。

皮の出口が亀頭の大きさより狭いため、包皮が剥けない状態になります。

つまり、痛みや固着で一切亀頭を露出することが困難な状態です。

本来であれば、包皮は正常時、勃起時に関わらず剥けるはずです。

しかし、包口径が小さいゆえに亀頭を露出させるだけの余裕がありません。

そのため、すぐにでも治療すべき包茎と言えます。

包皮が剥けないため亀頭を洗うことが出来ず、悪臭や性病の温床となります。

■カントン包茎

カントン包茎は、正常時は問題なく包皮を剥くことは可能です。

しかし、勃起時に無理に包皮を剥くと亀頭の根元を締め付けてうっ血させてしまいます。

最悪、細胞が壊死してしまう恐ろしい危険性があります。

このカントン包茎は、真性包茎と同様、一刻も早い治療が望まれます。

無論、仮性包茎だが包皮が剥きづらいなどで自分自身がどの包茎に当てはまるのか、自信がない場合もあるでしょう。

その場合は、「わからない」を選択して下さい。

カウンセリングなどでもし希望があれば、医師の診察を受けましょう。

恥ずかしがらずに思い切って相談して下さい。

 

>>上野クリニックの予約はこちらから<<

 

来院

日時に間違いがないか、よく確認しましょう。

事前に地図などで場所も確認しておくことが必要です。

その他、最寄駅からどの程度かかるのか、自宅からトータルでどの程度かかるのかなども事前に調べましょう。

現地には、5分前には到着出来るよう、余裕をもって出かけましょう。

遅刻は厳禁です。

もし時刻に間に合わないと、キャンセルされてしまう危険性もあります。

次の人の予約が入っていた場合、その日に診察してもらえず予約の取り直しになることも考えられます。

現地には早めに到着しておくことをお勧めします。

心を落ち着けるためにも、クリニックの場所を事前に確認しておくと良いでしょう。

カウンセリングを受けるだけの場合でも、手術を受ける場合でも、コーヒーなどの刺激物は取らない方が良いです。

カウンセリング

カウンセリングでは、自分がどのような悩みを抱えているのかなどをありのままに話しましょう。

包茎手術のカウンセリングは、同じ男性であり、専門医なので安心です。

実際にペニスを診察してもらうことが出来るか相談してみましょう。

医師の診察を受けることが最も効果的です。

その場合、医師はペニスの皮の余りを調査するため、実際に触ってきます。

ペニスの包皮を剥いたり戻したりすることもあります。

その際、勃起してしまうこともあるかもしれません。

私自身、手術時に少しペニスが勃起しました。

しかし、医者はそのようなことは慣れているため、気にしません。

生理現象ですので、焦る必要は有りません。

手術を受けるか受けないか判断

手術を受けるか受けないかは、最終的には本人の決断次第です。

特に仮性包茎の場合、真性包茎やカントン包茎と違い、必ずしも治療が必要とは限りません。

余りにもしつこく手術を勧めてくるクリニックには注意しましょう。

その場合は、「少し考えます」とはっきり伝えることが重要です。

あいまいな態度は厳禁です。

手術の判断は、複数のクリニックのカウンセリングを受けてから判断しても遅くありません。

一生に一度のことなので、じっくり考えましょう。

受けるなら申し込み手続きし、手術

殆どの人が、手術を受けることを決意しても、当日か、日を改めるかのどちらかになると思われます。

その際に、禁止事項(飲酒など)を確認しておきましょう。

カウンセリングだけの場合も、前日や当日の飲酒などは避けましょう。

その他、一括払いかなどの相談も必要です。

必ず、金銭関連は、後でトラブルにならないようにきちんと確認しておくことが必要です。

問診票には、大きな病気をしたことがあるかなどの質問項目があります。

誠実に、正直に答えましょう。

手術

実際に手術となった場合、帰宅には体に負担をかけます。

電車の帰宅ラッシュのピークと手術後の帰宅が重なることは避けましょう。

下半身に圧迫をかけないように気を付けましょう。

もし徒歩圏内にクリニックがあるなら、タクシーで帰宅することも良いでしょう。

手術では、下半身のみ脱いで手術台の上の横になります。

私が包茎手術を受けた時、亀頭に打たれた注射が大変痛かったことを覚えています。

しかし現在は、麻酔の技術の向上により、痛みがほとんどないようです。

そのため、それほど心配することはないでしょう。

アフターケア

手術が終了すると、受付で包帯と消毒液、そして内服薬を渡されます。

必ず医師の説明通りに消毒し、内服薬(抗生物質)を服用しましょう。

特に抗生物質の飲み忘れのないよう注意が必要です。

消毒は、綿棒と消毒液を渡されるはずです。

その場合、傷口につけた綿棒を再度、消毒液に浸さないようにして下さい。

雑菌が消毒液に入ってしまう危険性があります。

消毒液が足りなくなったら、市販の消毒液で対応可能です。

特に泡で出るスプレータイプの消毒液が便利です。

 

>>上野クリニックの予約はこちらから<<

 

6 Responses to “上野クリニックの予約手順、来院、手術、アフターケアまでを紹介”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ